• トップ
  • リリース
  • 大東建託グループ 太陽光パネル設置数 1万棟を突破!〜太陽光発電事業、賃貸住宅の屋根活用による発電設備の設置を拡大〜

プレスリリース

  • 記事画像1

大東建託株式会社

大東建託グループ 太陽光パネル設置数 1万棟を突破!〜太陽光発電事業、賃貸住宅の屋根活用による発電設備の設置を拡大〜

(@Press) 2016年02月03日(水)12時00分配信 @Press

大東建託グループの大東建物管理株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:門内 仁志、以下「大東建物管理」)は、同社が管理する賃貸建物の屋根を利用し進めている太陽光発電事業において、この度、太陽光パネルの設置数が1万棟を突破しましたのでお知らせします。

《次世代エネルギー課題への挑戦》URL
http://www.kentaku.co.jp/corporate/csr/about/liveup/service/page03.html
大東建託グループの大東建物管理株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:門内 仁志、以下「大東建物管理」)は、同社が管理する賃貸建物の屋根を利用し進めている太陽光発電事業において、この度、太陽光パネルの設置数が1万棟を突破しましたのでお知らせします。

《次世代エネルギー課題への挑戦》URL
http://www.kentaku.co.jp/corporate/csr/about/liveup/service/page03.html


■賃貸住宅の屋根を使用した大規模発電
大東建物管理では、2012年7月から受け付けを開始し、同年12月に第一号が売電を開始してから、2016年1月末までに10,108棟の設置を完了しました。これは、賃貸住宅の屋根を利用した太陽光発電では国内トップクラスの規模であり、総設備容量は123,317KW(123MW)に相当します。
一般的に太陽光発電設備1MW分を設置するためには、サッカーコート約2面分(14,280m2)の面積が必要だとされています。これまで当社の設置した総面積に換算すると、サッカーコート約246面分、東京ドーム(46,755m2)に換算すると37.6個分に相当する面積に太陽光発電設備を設置したことになります。


■オーナー様へ還元
大東建物管理の太陽光パネルは、賃貸住宅の屋根をお借りして設置するため、毎月一定の屋根賃料を20年間にわたりオーナー様にお支払いします。また、初期費用はもちろん、設備のメンテナンス費用等も大東建物管理が負担するため、オーナー様にも安心してご協力いただいています。


■会社概要
大東建託株式会社
代表者 : 代表取締役 社長執行役員 熊切 直美
所在地 : 東京都港区港南2丁目16-1 品川イーストワンタワー
事業内容: (1)アパート、マンション、貸店舗、貸工場、貸倉庫、
       および貸事務所の建設業務
      (2)入居者斡旋などの不動産仲介業務、および建物管理、
       ならびに賃貸借契約などの不動産管理業務
URL   : http://www.kentaku.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る