• トップ
  • リリース
  • イオンリテールがブランド品専門店でRFIDを活用した商品管理システムを試験導入

プレスリリース

  • 記事画像1

オカベマーキングシステム株式会社

イオンリテールがブランド品専門店でRFIDを活用した商品管理システムを試験導入

(@Press) 2016年01月28日(木)17時00分配信 @Press

オカベマーキングシステム株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:住吉 義勝)の『商品管理システムにスマートフォンとクラウドを活用したRFIDシステム(無線を活用した個別認識技術)』が、イオンリテール株式会社の高級ブランド品専門店「ニミウス」(以下、ニミウス)に試験導入されました。


【導入の背景】
ニミウスでは商品管理システムとインターネット通信販売サイトの連動による「オムニチャネル」の推進を目指し、店舗での在庫把握を迅速かつ正確に行い、その情報を通信販売サイト上の在庫表示との自動連携を可能とするシステムの導入を検討していました。


【導入の成果】
■正確で迅速な店舗在庫の把握
今回導入したシステムは、スマートフォンにカバー型のRFIDリーダー(アスタリスク社製・アスリーダー)を取付け、オカベマーキングシステムが開発したスマートフォン上で稼働するクラウドシステムを導入しました。このRFIDでの商品管理システムにより、高級品を陳列するショーケースの外側から商品検品が可能になり、棚卸を毎日実施することで正確かつ迅速な在庫把握が可能となりました。

■在庫リスクと販売機会損失の軽減
オカベマーキングシステムが提供するクラウド型の商品管理システムは、各店舗での棚卸を元にした在庫情報をイオンリテールが運営するインターネット通信販売サイトと自動連携することにより、リアルタイムでの店舗間の在庫共有が可能になりました。これにより該当商品の在庫が無い店舗でも他店舗の在庫状況をスマートフォンから検索し、画面上から商品確保の指示を実行すると、在庫のある店舗側のスマートフォンに在庫確保の指示メールが自動で送信されます。更に、リアルタイムでの在庫確保が可能となり、全店舗での在庫リスクの軽減と販売機会の損失を軽減することができました。


【今後の展開】
次の段階として商品別の在庫店舗名を通販サイト上に公開することにより、在庫のある店舗への来店の動機付けを積極的に行い、店舗販売と通信販売の更なる融合を目指します。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る