• トップ
  • リリース
  • 国内初の風力発電ファンドが応募総額2億円を突破!〜今後注目される風力発電事業に1万円から投資が可能〜

プレスリリース

  • 記事画像1

日本クラウド証券株式会社

国内初の風力発電ファンドが応募総額2億円を突破!〜今後注目される風力発電事業に1万円から投資が可能〜

(@Press) 2016年01月21日(木)10時30分配信 @Press

日本クラウド証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大前 和徳)運営の「クラウドバンク」が募集する「風力発電ファンド」の応募総額が2億円を突破しました。

クラウドバンク: https://crowdbank.jp/

当ファンドは、風力発電の開発支援を目的とする投資型クラウドファンディング業界初のファンドです。
風力発電は、環境に優しく、風況の良い土地であれば24時間発電が可能ということもあり、太陽光発電と並び今後の再生可能エネルギーの中心的な手法として期待が持たれています。

一方で、風力発電所の建設には多大な初期投資が発生するため普及が進んでいないという課題があります。当ファンドは、クラウドファンディングの仕組みを活用し、初期建設費用の一部を支援。国内の風力発電普及に貢献するとともに、個人投資家には1万円から風力発電事業に投資できる機会を提供しています。

現在はクラウドバンクにて風力発電ファンド5号を募集中です。

『風力発電ファンド 5号(6ヶ月)』目標利回り:6.2% (年率、税引前)
応募総額:¥65,000,000
募集期間:2016年1月18日〜2016年1月27日
https://crowdbank.jp/funds/energy/A00000230#!home

※応募状況によっては期間満了前に募集を終了する場合がございます。


【日本クラウド証券株式会社 会社概要】
クラウドファンディングに特化した証券会社。クラウドファンディングを通じて、すべての日本人が自分の資金をより有効かつ意味のある活用ができるような機会を提供し、豊かな社会の実現を目指しています。国内中小企業、新興国のマイクロファイナンス機関への融資、再生可能エネルギー発電所の開発支援などをクラウドファンディングの仕組みで提供しています。

会社名    : 日本クラウド証券株式会社
代表取締役社長: 大前 和徳
所在地    : 東京都港区六本木7-4-4 六本木Artshell 5F
URL      : https://crowdbank.jp/

第一種・第二種金融商品取引業者:
関東財務局長(金商)第115 号/日本証券業協会 加入


【手数料・リスク等の広告記載事項】
・クラウドファンディング口座の開設、維持およびクラウドバンク匿名組合契約の締結に関する手数料等は無料です。
・お客様は、営業者報酬、本出資持分譲渡に関わる費用及び本事業に直接かかる費用が本匿名組合財産から支払われることで負担することになりますが、同一の対象債権に投資する他の匿名組合員の出資額に応じて算出することになるため、またはその時々の状況に応じて算出されるものであって、具体的な金額や上限額もしくはこれらの計算方法をあらかじめ具体的に記載することができないものが含まれているため、お客様の負担額を投資前の段階では確定できません。なお、各投資ポーションの目標利回りは、これらの諸費用を控除した後のものとなります。
・本出資持分は、元本が保証されているものではなく、対象債権の債務者の財務状態や為替、金利の変動等を原因として、対象債権からの回収額が減少し、又は対象債権の評価価額若しくは処分価額が減少すること等により、本出資持分の価値が低下し、損失が生じる可能性があります。
・取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読し、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る