プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社VOYAGE GROUP

VOYAGE GROUP、FinTech領域の研究開発を行う「FinTech Lab」を新設

(@Press) 2016年01月14日(木)10時15分配信 @Press

 株式会社VOYAGE GROUP(東京渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典)は、2016年1月14日、ブロックチェーン(※1)やビットコイン(※2)など、新しい技術を活用したFinTech(※3)領域の研究開発を行う「FinTech Lab」を新設しました。尚、責任者には、VOYAGE GROUP執行役員の當銘 大河が就任いたします。

 VOYAGE GROUPではこれまでも、ポイントサイト「ECナビ」( http://ecnavi.jp/ )をはじめ、連結子会社である株式会社VOYAGE MARKETING(東京都渋谷区、代表取締役:戸崎 康之)を通じて、ポイント交換サイト「PeX」( http://pex.jp/ )やデジタルギフトサービス「ギフピー」( https://gifpy.jp/ )、デジタルギフトオンデマンドサービス( http://pex.jp/alliance/ondemand )など、ポイントを活用したマーケティングソリューション事業を展開し、FinTech関連事業に取り組んでまいりました。また、決算情報閲覧アプリ「ポケットIR」や持分法適用関連会社であるマーケティングアプリショズ社と共同開発したポイントも貯まる家計簿アプリ「レシトク」( http://ecnavi.jp/recetoku/ )など、FinTech関連のスマートフォンアプリなども提供しております。

 「FinTech Lab」では今後、FinTech領域に関する事例研究や関連企業・団体などとの接点を拡げ情報収集を行うとともに、投資事業などを行う連結子会社VOYAGE VENTURES(東京都渋谷区、代表取締役:永岡 英則)においても、FinTech領域のベンチャー企業に対して積極的に投資を行っていく方針とし、VOYAGE GROUP全社としてFinTech領域への取り組みを強化してまいります。


※1)ブロックチェーン:取引データを処理する中央機構がない分散型のネットワークで、お互いを監視することで公正なネットワークを構築する技術。
※2)ビットコイン:インターネット上で流通している仮想通貨。通貨の単位はBTC。中央機関や仲介人が存在しないため、低コストでの送金・決済が可能で、ユーザーによる初の分散的peer to peer(読み:ピアツーピア、略式:P2P)型の決済ネットワーク。
※3)FinTech:FinanceとTechnologyを組み合わせた造語。金融領域におけるテクノロジーを活用したイノベーションのこと。



【株式会社VOYAGE GROUP】 http://voyagegroup.com/ 
代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典
取締役CFO:永岡 英則
取締役CCO:青柳 智士
取締役:古谷 和幸/戸崎 康之
監査役:野口 誉成
設立:1999年10月8日 資本金:9億8,955万円
所在地:東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス1,6,7,8階
事業内容:アドテクノロジー事業/メディア事業
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る