• トップ
  • リリース
  • ネクストジェンのエンタープライズSBCがインタラクティブ・インテリジェンス・インクのコンタクトセンターソリューションとの接続を実現

プレスリリース

株式会社ネクストジェン

ネクストジェンのエンタープライズSBCがインタラクティブ・インテリジェンス・インクのコンタクトセンターソリューションとの接続を実現

(@Press) 2016年01月19日(火)11時00分配信 @Press

 株式会社ネクストジェン(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員 社長:大西 新二、以下 ネクストジェン)は、ネクストジェンのマルチキャリア対応エンタープライズSBC『NX-E1010』が、インタラクティブ・インテリジェンス・インク(NASDAQ:ININ、本社:インディアナポリス、以下 ININ)のコンタクトセンターソリューションCustomer Interaction Center(以下 CIC)との接続を実現したことを発表いたします。

 オール・イン・ワン コンタクトセンターシステムである「CIC」は、交換機、IVR(自動応答装置)、ACD(自動呼分配)など、コンタクトセンターに必要なあらゆるシステムが統合されており、オンプレミスでもクラウドでも提供されます。今後は、通信事業者が提供する多彩なIP回線サービス上で、高機能なコンタクトセンターソリューションを利用することが可能になります。

 近年、NFV(Network Functions Virtualization)の普及により、仮想化の対応が重要な要件となることも多く、ソフトウェアソリューションである「NX-E1010」はCICの仮想化環境においても稼動可能です。また、ネクストジェンは日本国内における通信事業者への豊富な接続実績と経験を有していることも、ININとの協業に至った大きな要因の一つです。

 「NX-E1010」は企業LAN側に接続されたIP-PBXなどを通信事業者のIP電話網に接続することができ、「NX-E1010」搭載のサーバー1台で多数の回線を収容することが可能です。企業はIP回線での音声通話を利用することで、IP電話同士での無料通話やIP回線でのレガシー回線の集約効果などにより通信コストを低減できるうえ、INS1500などのPRI接続では困難であった突発的な回線数増加への対応が、今までより容易に行えるようになります。

 今後もネクストジェンは、通信事業者向け製品の開発技術を活かして、お客様のニーズにお応えするコミュニケーションサービスの提供を目指してまいります。


【インタラクティブ・インテリジェンス・インクについて】
 ININは、コミュニケーション、コラボレーション、そして顧客エンゲージメントのためのソフトウェア/サービスをグローバルに提供する企業です。業界で最も歴史のある当社は設立21年を誇り、22の特許と6,000以上の顧客への導入実績を有し、その上で投資に対する利益を迅速に提供し、堅牢な信頼性とセキュリティを備えています。新興企業による実績のないソリューションやレガシーベンダーの提供する柔軟性の低いソリューションに変わるサービスを、大規模組織に対しても提供しています。当社はSoftware Magazineの「トップ500グローバルソフトウェア/サービスサプライヤー」に14年連続で選出されています。また、Frost & Sullivanの最優秀企業賞に5年連続、Mashableの「2014年 働きがいのある企業ランキング」の7社にも選出されています。インディアナポリスに本社を置き、グローバルでの従業員数は2,000名以上です。
コーポレートサイト: http://www.inin.com/jp/


【株式会社ネクストジェンについて】
 ネクストジェンは創業以来、VoIP(Voice over IP)のエキスパートとして、大手通信事業者のシステムを支えてきました。通信事業者向けの大規模IPセントレックスの構築や、IP電話システムの相互接続など、先駆的なソリューションを提供し続けております。また、昨今はクラウドとスマートフォンを活用した、大手通信事業者と連携したクラウドPBXサービスや、企業向け通話録音管理システムのリリース、世界でもあまり類をみないSIP/VoIPセキュリティ診断サービスも提供しており、通信事業者向けソリューションだけでなく、一般法人向けソリューションとサービスも充実させております。
コーポレートサイト: http://www.nextgen.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る