• トップ
  • リリース
  • 三井化学が Material×クリエイターのコラボ企画をスタート 第1弾は SWP×ドラフト/川上恵莉子さん〜素材の魅力を発見し、新たな顧客価値の創造へ〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

三井化学株式会社

三井化学が Material×クリエイターのコラボ企画をスタート 第1弾は SWP×ドラフト/川上恵莉子さん〜素材の魅力を発見し、新たな顧客価値の創造へ〜

(@Press) 2016年01月13日(水)11時00分配信 @Press

 三井化学株式会社(代表取締役社長:淡輪敏)は、これまで無かったような新しい視点で「素材の魅力」を分かりやすく伝える、クリエイターとのコラボレーションプロジェクト“Material Meets Creative Team”を、広告・クリエイティブの専門誌である月刊ブレーンにて開始しました(2016年2月号より、隔月掲載予定)。

 三井化学は、消費者価値の深耕を通じた「新たな顧客価値の創造」を進めています。今回、素材が生み出す機能や価値を広く社会に知って頂きたいとの思いから、月刊ブレーンの“クリエイティブリレー”コーナーで様々なクリエイターとコラボレーションして当社製品を紹介していきます。
 常に消費者価値を考えて新たなプロダクトやコミュニケーションを生み出すクリエイターとコラボレーションし、消費者と素材のより良い関係を見つめ直すことで、新しい素材の魅力を発見し、新たな顧客価値の創造に繋げます。

 第1弾は、株式会社DRAFT/川上恵莉子さんに、SWP(R)の入った特殊な紙を使って、“LEDの蛍光灯”を作って頂きました。
 SWPは三井化学のユニークな技術で実現した、天然パルプと同様のミクロサイズに枝分かれした形状を持つ世界唯一の合成パルプです。紙漉きの工程において天然パルプなどと混ぜ合わせることで、紙に特殊な機能を実現させます。SWP配合の紙では染色では実現できない高い白色度、熱をかけると透明に変化すること、熱でシールできること、エンボスで立体表現ができることなどから、デザイン性を活かしたファッションカタログや包装容器、名刺やグリーティングカード、ブックカバーなどに使用されています。天然パルプとの相性の良さから、独特の柔らかい風合いを生み出すとともに、1枚の紙の中で、雪のような純白と氷のような透き通る透明感が実現できます。
 今回、伝統的な紙に革新をもたらすSWP、蛍光灯から灯りの世界に革新をもたらしているLED、それを布のようなドレープ感で覆うことで普段は表に出てこないですが常に皆さんの近くにある「素材」、それらを組み合わせてイノベーションを表現しました。1972年の販売開始から、40年以上の時を経た今でも色褪せないSWPの魅力を存分に引き出して頂きました。
 今後、新進気鋭のクリエイターによって表現される「素材の魅力」を、月刊ブレーン誌面及びWEBサイトを通じて紹介していきます。


◆Material Meets Creative Team 特設WEBサイト
プロダクトのアイデア、コンセプトの背景など、特設WEBサイトで公開中です。
http://www.sendenkaigi.com/mccr/

◆SWPとは
http://jp.mitsuichem.com/service/healthcare/nonwovens/swp/index.htm
SWPは、三井化学のユニークな技術で実現した、天然パルプと同様のミクロサイズに枝分かれした形状を持つ世界唯一の合成パルプです。紙漉きの工程において、天然パルプなどと混ぜ合わせることで、紙に特殊な機能を発現させます。染色では実現できない高い白色度、熱をかけると透明に変化すること、熱でシールできること、エンボスで立体表現ができることなどから、デザイン性を活かしたカタログや包装容器、名刺、絵本などに使用されています。また熱でシールできる特性を活かして、金属ホチキスを使用しないティーバッグに応用され、電子レンジ使用可能になるなど、皆さんの生活にも影ながら貢献しています。

◆月刊ブレーン
1961年に創刊の広告・クリエイティブの専門誌。毎号広告・デザインをはじめ、プロダクト、パッケージ、ファッション、アートなど、マーケティング・コミュニケーションに関わるあらゆるクリエイティブ事例を紹介しています。
株式会社宣伝会議発行。毎月1日発行。

◆クリエイティブリレー
月刊誌『ブレーン』創刊50周年を記念して、2011年から開始された特別企画。課題となるテーマに対するクリエイティブを、複数のクリエイターが持ち回りで制作、そのテーマの新しい表現を発見していきます。制作されたクリエイティブは、ブレーン誌上の「クリエイティブリレーコーナー」で紹介されます。

◆株式会社ドラフト/川上恵莉子アートディレクター
1982年東京生まれ。アートディレクター。
2006年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。2008年株式会社ドラフト入社。
主な仕事に、丸松製茶場「san grams」、がまぐち専門店「ぽっちり」「Aoyama Flower Market」など。
2013年JAGDA賞受賞。2015年ADC賞受賞。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る