• トップ
  • リリース
  • パイオニアのミラー型テレマティクス端末のアプリケーション開発にエイチアイが協力

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

アートスパークホールディングス株式会社、株式会社エイチアイ

パイオニアのミラー型テレマティクス端末のアプリケーション開発にエイチアイが協力

(@Press) 2016年01月08日(金)16時00分配信 @Press

アートスパークグループの株式会社エイチアイ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:青山 智信、以下、エイチアイ)は、パイオニア株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役 兼 社長執行役員:小谷 進、以下、パイオニア)のミラー型テレマティクス端末において、エイチアイが開発協力したテレマティクスアプリケーションが搭載されたことを発表いたします。

パイオニアから発売されている「ミラー型テレマティクス端末」は、LTE回線を使って常時ネットワークに接続され、クラウドサービスを利用した次世代型法人車両ソリューションを可能にする端末です。また、パイオニアが展開している業務車両向けテレマティクスサービス「ビークルアシスト」の端末として使用すれば、より高度な「運行管理」の徹底と「運行支援」強化のサービスを提供できます。
パイオニア製品プレスリリース: http://pioneer.jp/corp/news/press/index/1914
「ビークルアシスト」サービス専用サイト: http://pioneer.jp/biz/biz_carnavi/cloud/

<製品イメージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/86605/img_86605_1.jpg
<画面イメージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/86605/img_86605_2.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/86605/img_86605_3.jpg


エイチアイは今回、この「ビークルアシスト」に連携するクライアント側のアプリケーションソフトウェアの開発を行いました。起動画面・メニュー画面などの画面遷移や、リアルタイム情報・蓄積データ・動態情報のアップロード、日報・走行軌跡レポート・運転評価レポートの作成やドライバーへのメッセージ送信・読み上げなどの各種アプリケーション機能を提供し、常時接続とクラウドサービスを最大限活用した次世代型テレマティクスサービスの実現を可能にしています。
なお、本製品は、2016年1月13日(水)〜15日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される、「オートモーティブ ワールド 2016」のエイチアイブースにてご覧いただけます。(第4回コネクティッド・カー EXPO:西13-3)
「オートモーティブワールド2016」公式ホームページ: http://www.automotiveworld.jp/

エイチアイは、今後の自動車において、車内外の情報多様化と、それらの情報を提供するテレマティクスサービスの利用品質の向上が重要であると考え、ドライバーあるいは同乗者が快適にサービスを利用する為のテレマティクスプラットフォームの実現へ向けて力を注いでまいります。


■エイチアイについて http://www.hicorp.co.jp
エイチアイは、ソフトウェアのIPを柱とした高い技術力と、UI/UXのデザイン・企画・コンサルティングを行えるデザイン力を融合し、BtoB市場における貢献を実践するSoftwareメーカーとして、また自動車業界においては国内初のSoftware Tier1として、HMI開発環境の開発・ライセンス販売・サポートを行っていきます。意匠デザインやHMIアプリケーションの開発プロセス支援とソフトウェア品質向上支援により、他社との差別化を実現いたします。エイチアイは、今後もさまざまなデジタル機器への技術提供を進めるとともに、人の生活を豊かにする製品の創造を目指し、研究開発を進めてまいります。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る