• トップ
  • リリース
  • ゲオ、増収効果を受けて、導入を加速!全国の直営246店舗に「セルフレジ」500台導入

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ゲオホールディングス

ゲオ、増収効果を受けて、導入を加速!全国の直営246店舗に「セルフレジ」500台導入

(@Press) 2016年01月05日(火)11時00分配信 @Press

 株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:遠藤結蔵)の子会社、株式会社ゲオ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:吉川恭史)は、2016年3月までに、全国の直営ゲオショップ246店舗に500台のセルフレジを導入する方針を固めましたのでお知らせいたします。

 ゲオは、全国に1000を超える直営ゲオショップを運営し、低価格戦略をひとつの柱として消費者のニーズに応えてまいりました。近年、エンターテイメントに求められるニーズがさらに多様化する中、魅力ある売り場造りが益々重要であるということを意識し、注力しております。
ゲオショップ全体では、平均500万MAU(月間ユニークユーザ)の利用があり、レジ業務の効率化は必要不可欠です。自社開発した「セルフレジ」が効率化に貢献するという仮説のもと、2015年4月から11月までの間にゲオショップ96店舗に200台のセルフレジを導入し、検証を行いました。レジ混雑の解消や、想定以上にセルフレジの利用率が高く、その結果、利便性向上によるレンタル売上の2.3%増加が認められました。さらに、物販売上は4.2%増加しております。これは、導入で生じた店舗スタッフの余裕時間を物販売場の販売力向上にあてることができたことが理由と考えております。この結果を受け、ゲオショップの中でも来客者数が多い店舗を優先し、2016年3月までに150店舗・300台を追加し、合計246店舗・500台の導入をいたします。

ゲオは、売上貢献を目的に、今後もセルフレジ導入を計画予定です。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る