• トップ
  • リリース
  • チェックポイント社、日本小売大手イオンリテールでRFIDと棚卸用ロボットの試験導入を発表

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社チェックポイントシステムジャパン

チェックポイント社、日本小売大手イオンリテールでRFIDと棚卸用ロボットの試験導入を発表

(@Press) 2016年01月06日(水)09時30分配信 @Press

流通小売業向けマーチャンダイズ・アベイラビリティ・ソリューションにおける世界的なサプライヤーであるチェックポイントシステムズ社(NYSE:CKP、以下 チェックポイント社/日本法人:株式会社チェックポイントシステムジャパン、所在地:東京都港区、代表取締役社長:金村 真一)は、イオンリテール株式会社(以下 イオンリテール)への商品管理システムの導入およびRFID(無線を活用した個別認識技術)と棚卸用ロボットの試験導入を発表しました。今回の導入により、同社のEAS(電子商品管理)システムは、既存のAM方式から、RFIDに拡張可能なRF方式に順次入れ替えを実施するほか、RFIDロボット(プロトタイプ)の試験導入により、在庫の精度向上とお客様満足の向上を目指します。

RFIDロボット(プロトタイプ)の動画
https://www.youtube.com/watch?v=TVE6Xopcszs


イオンリテールとチェックポイント社は、アパレルサプライヤーおよび一般消費財メーカーと連携し、製造・流通段階でタグを貼付する「ソースタギング」についても取り組みを開始します。このプログラムでは、タグがあらかじめ取付けられた状態で店舗に商品が納品されるため、すぐに商品を陳列することができます。ソースタギングを通じて、店舗では在庫の可視化による業務効率向上、作業改善による接客応対への人時配分、および、お客様への接客応対向上を目指しています。

また、イオンリテールではチェックポイント社のRFIDソリューションの試験導入を開始しており、このプロジェクトは旗艦店で実施します。OATエンタープライズソフトウェアでの在庫管理をベースとし、精算業務と店舗出入り口の管理でRFIDの活用を開始します。タグはRFとRFIDに対応したチェックポイント社の最新製品「UNO RF/RFID」ラベルを使用していく予定です。このテクノロジーにより、理論上の在庫と精算済みの商品をリアルタイムで照合し、瞬時に店内在庫を把握することができます。精度の高い情報は、過剰在庫の削減や欠品防止、また業務効率の向上において不可欠です。

現在、RFID仕様へのアップグレードが可能なEASアンテナ(EVOLVE iRange P10 http://jp.checkpointsystems.com/solutions/product/evolve-irange-p10/ )を導入しているため、ロス対策と在庫可視化に向けて、従来のEASとRFIDの両方のタグを使用することができます。

また旗艦店ではチェックポイント社で初となるロボットによる在庫カウントソリューションも導入します。ロボットがサイクルカウント業務を自動で行うため、人為的ミスを防止し業務効率向上を目指します。従業員はこれらの作業から解放され、お客様のために価値のある業務を行うことができます。

チェックポイント社のプレジデント兼最高販売責任者であるパー・レヴィン(Per Levin)は次の通り述べています。「イオン様とRFID実験を実施することに大変興奮しています。今後とも成功に向けて尽力し、在庫可視化の向上を目指して参ります。」


■イオンリテール株式会社について
http://www.aeonretail.jp/

イオンリテール株式会社は、お客様の日々のくらしをサポートする300を超える企業で構成されるイオングループで小売事業を担う中核企業です。日本国内の本州・四国の総合スーパー約350店舗を運営し、2013年12月にオープンした旗艦店「イオンスタイル幕張新都心」に代表される専門性の高い品揃えとサービスを結集した「イオンスタイル」の開発を進めています。


■チェックポイントシステムズ社について
http://jp.checkpointsystems.com/

チェックポイントシステムズ社は、ロス防止と商品可視化を含む、小売業向け「マーチャンダイズ・アベイラビリティ」のグローバル・リーダーです。小売業におけるリアルタイムかつ正確な在庫管理の実現、補充サイクルの加速、欠品防止、盗難削減をサポートし、マーチャンダイズ・アベイラビリティおよび顧客体験を向上するエンド・ツー・エンドのソリューションを提供しています。

チェックポイント社のソリューションは、45年にわたるRFテクノロジーの専門知識、革新的な盗難防止ソリューション、市場をリードするRFIDハードウェア/ソフトウェア、商品の製造時点から店頭までのトラッキング、セキュリティ性の確保、ブランディングをサポートするラベルソリューションにより構成されています。

マーチャンダイズ・アベイラビリティ・ソリューションの導入により、消費者が欲する商品を適切なタイミングと場所に提供することが可能になり、小売業の売上・利益の増加に貢献します。チェックポイント社は、ニューヨーク証券取引所(NYSE:CKP)に上場しており、世界の主要な地域で事業を展開、従業員は4,700人に達します。


■株式会社チェックポイントシステムジャパン 会社概要
商号  : 株式会社チェックポイントシステムジャパン
代表者 : 代表取締役社長 金村 真一
所在地 : 〒105-0012 東京都港区芝大門2-4-7 KDX浜松町第2ビル
事業内容: 電波式商品管理(RF-EAS)システム、RFIDシステムの販売
資本金 : 9,320万円
URL   : http://jp.checkpointsystems.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る