• トップ
  • リリース
  • NTTコミュニケーションズ様の入金消込業務における自動化/合理化事例を公開!

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社アール・アンド・エー・シー

NTTコミュニケーションズ様の入金消込業務における自動化/合理化事例を公開!

(@Press) 2015年12月22日(火)14時30分配信 @Press

ITソリューション/業務システム開発ベンチャーの株式会社アール・アンド・エー・シー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高山 知泰、以下 R&AC)は、自社で展開する「入金/回収特化型ソリューションパッケージ『Victory-ONE/G3』」(以下 V-ONE)のエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社様(以下、NTTコミュニケーションズ)における導入事例を公開しました。


日本を代表するICTサービス企業として国内外にビジネスを展開しているNTTコミュニケーションズ。このたび同社では、出納担当者に大きな負担を強いている入金の消し込み業務について、その改善を決断。口座直接入金システムのプロジェクトチーム「ヒーローズ」を発足させ、ベースとしてR&ACの「V-ONE」を導入しました。先行してスタートした円貨の消し込み処理では、84%の自動化を実現。後続の外貨の消し込み処理、ネッティングについても効果を上げつつあります。

・システム全体図
https://www.atpress.ne.jp/releases/85655/img_85655_1.jpg

本導入事例についての詳細は以下を参照ください。
http://www.r-ac.co.jp/topics/1014/


■入金回収特化型ソリューションパッケージ『Victory-ONE/G3』の特徴
V-ONEシリーズは、2005年の初版リリースより、国内では珍しい入金回収業務に特化したシステムとして、これまで多くのお客様にご採用/ご導入いただきました。企業規模の大小や事業内容を問わず、必ず発生する入金/回収にまつわる業務。ニッチな分野であるがゆえに、ジャストフィットしたシステムの構築には、時間も手間もかかります。
V-ONEでは、入金の自動消込から債権残高管理、滞留情報の配信業務など、入金/回収にまつわる業務を網羅的にカバーすることができ、既存ですでに稼働している基幹システムや会計システムにそのまま連携させて利用することができるよう、柔軟に設計されています。

『Victory-ONE/G3』の詳細についてはこちら
http://www.r-ac.co.jp/victory-one/


■会社概要
商号  : 株式会社アール・アンド・エー・シー
代表者 : 代表取締役社長 高山 知泰
所在地 : 〒101-0031
      東京都千代田区東神田2-10-16 For Life Office東神田9F
設立  : 2004年11月
事業内容: 業務システム開発/導入/コンサルティング
      入金回収特化型ソリューションパッケージ「Victory-ONE/G3」の
      開発/販売
      製品ページ http://www.r-ac.co.jp/victory-one/
資本金 : 3,780万円
URL   : http://www.r-ac.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る