• トップ
  • リリース
  • プライムホールディングス、CSR活動を拡大 猫ひろしとカンボジア孤児院訪問

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

プライムホールディングス株式会社

プライムホールディングス、CSR活動を拡大 猫ひろしとカンボジア孤児院訪問

(@Press) 2015年12月17日(木)11時00分配信 @Press

プライムホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:小林 傑、以下 当社)は、2015年12月9日(水)に芸人の猫ひろしとCSR活動としてカンボジアのくっくま孤児院を訪問致しました。


■「カンボジア訪問」に踏み切った背景
当社は3年前より、カンボジアにある「くっくま孤児院」へ毎月の支援を行っており、毎年カンボジアへ訪問しております。
今年はカンボジアに国籍を置いている芸人猫ひろしと共に訪問致しました。
猫ひろしとは、6月にシンガポールで行われた「SEA GAMES」の際に当社がスポンサーになったのをきっかけに今回の訪問が実現し、現地では当社スタッフと猫ひろしが「くっくま孤児院」の子供たちと触れ合い、当社内で集めた募金や、お土産として子供達が大好きなお菓子などをお渡ししました。
また当社のCSR活動として今回訪問したカンボジアのくっくま孤児院の他に、地雷撤去活動を行なっている認定NPO法人テラ・ルネッサンスへも毎月の支援を行なっております。


■くっくま孤児院へ訪問した感想
毎年訪問させていただいておりますが、行く度に子供達が成長しており元気と笑顔をもらうことができます。今回も子供たちからおもてなしとして伝統舞踊の披露と日本語での自己紹介をしていただきました。
現在では支援者も増え、孤児院立ち上げ当初より生活が改善し、1日3食を食べられるようになったそうですが、まだ充分とは言えません。子供達が成長するにつれ、学費などの負担もあり、少しでも自分たちでお金を稼げるようにと踊りの練習をし、近隣のショッピングモールなどで踊りを披露して得たお金を生活費に充てています。
お金をもらえるレベルの高い踊りを間近で見せていただきとても感動しました。また子供達は日本語やクメール語を練習しておりとても流暢な日本語で自分の名前・年齢・夢を語ってくださいました。

当社からは社内の募金箱に1年で集まった募金と大量のお菓子と子供達が大好きだというカップ焼きそば、また自社で生産したお米、猫ひろしからは日本のランナーの方々から贈られた大量のランニングシューズやTシャツのプレゼントがありました。プレゼントを目にした子供達は目を輝かせ、両手いっぱいに抱え喜んだ表情を見せてくださいました。
フリーの時間は子供達に手を引かれそれぞれ遊んだり、一緒に学んだりと充実した時間を過ごすことができました。子供達の笑顔を絶やさないためにも当社は今後も支援活動を精力的に行っていきます。


■今後の展開
今回は昨年と違った人員で孤児院に訪問させていただきましたが、会社全体として子供達の夢を叶えさせてあげたいという気持ちがさらに強まりました。こういったCSR活動を続け、さらに活動の幅を広げることで少しでも笑顔になる子供達が増えることを願っております。今後もプライムホールディングスは様々な事業を通じて多くの人に幸せになってもらえるような活動を続けていきます。


■会社概要
商号  : プライムホールディングス株式会社
代表者 : 代表取締役 小林 傑
所在地 : 〒163-0237 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル37階
設立  : 2015年11月
事業内容: グループの経営方針策定・経営管理
資本金 : 5,000万円
URL   : http://prime-holdings.co.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る