• トップ
  • リリース
  • 日本人初選出!「世界の教師トップ50」に 工学院大学附属中学校の高橋教諭

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

学校法人 工学院大学 総合企画部広報課

日本人初選出!「世界の教師トップ50」に 工学院大学附属中学校の高橋教諭

(@Press) 2015年12月14日(月)12時30分配信 @Press

工学院大学附属中学校(所在地:東京都八王子市、校長:平方 邦行)の英語科担当で、2015年度開設した「ハイブリッドインターナショナルクラス」の担任を務める高橋 一也教諭(※)が、Varkey基金が主催する『The 2016 Global Teacher Prize Top 50 Finalists(*)』に選ばれました。日本人で選出されたのは高橋教諭が初となります。
※高は正しくは「ハシゴダカ」


【高橋 一也教諭のコメント】
■今回の選出を受けて:今回選出いただいたことで、私個人というよりも、日本の教育の素晴らしさを世界にアピールできたことに価値を感じています。日本の先生は熱心で真面目で、とりわけ生徒思いな点が素晴らしく、今後さらに世界に向けて発信していきたいと考えています。

■教育方針について:現在、教育の一環として、インドネシアで現地の社会起業家とともに、ゴミの再利用をビジネスに繋げる取り組みを行っています。「グローバルな活動」「アントレプレナー精神の育成」「社会貢献の態度」の3つをキーワードとして、積極的に学校の外での学びを取り入れた教育を実施。今後、カンボジア、タイなどにも展開する予定です。


【英語の運用力とICTの活用力を養成する21世紀型教育】
工学院大学附属中学校の3つのクラスで展開
◇ハイブリッドインターナショナルクラス(担任:高橋教諭)
→英語・数学・理科の授業を英語で実施

◇ハイブリッド特進クラス
→イマージョン・アクティブラーニング・ICTをバランス良く授業に取り入れた教育を実施

◇ハイブリッド特進理数クラス
→理科と数学に重点を置き、実験・ICT教育を強化


*The Global Teacher Prize(グローバル・ティーチャー賞)=イギリスの国際教育機関であるVarkey基金が創設。教育分野で優れた功績を残した教員に贈られ、国際的な賞として「教育分野におけるノーベル賞」と称される。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る