• トップ
  • リリース
  • ユビキタス社、マゼランシステムズジャパン社と資本業務提携、クラウドを活用した高精度位置測位ソリューションの実現で合意〜ドローンや農業機器などの自動運転・精密農業を実現するソリューションを共同展開〜

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ユビキタス、マゼランシステムズジャパン株式会社

ユビキタス社、マゼランシステムズジャパン社と資本業務提携、クラウドを活用した高精度位置測位ソリューションの実現で合意〜ドローンや農業機器などの自動運転・精密農業を実現するソリューションを共同展開〜

(@Press) 2015年12月14日(月)15時30分配信 @Press

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、以下「ユビキタス社」)とマゼランシステムズジャパン株式会社(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役:岸本 信弘、以下「マゼラン社」)は本日、「クラウドを活用した高精度位置測位ソリューション」の実現に関する業務提携に合意したことを発表いたします。


今後500億個以上のデバイスがインターネットに繋がり、位置情報を含む膨大なデータがBigDataとして新しいビジネス、社会基盤に利活用されると考えられています。一方で、現在主流となっているGPSデータは、10メートル以上の誤差が発生することが課題とされています。

マゼラン社の開発した、多彩かつ高度な衛星測位技術による「高精度マルチGNSS RTKソリューション」は、複数の衛星システムをサポートするセンチメートル級の位置精度を持つRTK(リアルタイム・キネマティック)ソリューションです。非常に高い位置精度が要求される測量・地殻変動の調査、農業機器・産業機器・ドローン・ロボット等の自動運転・モニタリング、電動車椅子・パーソナルモビリティ、産業用無人飛行機の位置制御などの分野において幅広く活用できます。また、GPS(アメリカ)だけでなくGLONASS(ロシア)を使用しています。複数の衛星をサポートする事で、より安定した高精度の位置計算を行います。


ユビキタス社は、2011年より、IoTサービスプラットフォーム開発や、クラウドを活用したHEMSサービスの開発など、IoTを実現するためのソリューションを展開し、ネットワークやデータベース関連技術、サービスプラットフォームの構築と運営および技術開発力に強みを持っています。ユビキタス社の提供するIoTクラウドプラットフォーム「dalchymia(ダルキュミア)」は、デバイスとアプリケーションサービスを自由に組み合わせてIoTを実現できます。また、デバイスから収集したデータをリアルタイムに見える化できます。

ユビキタス社とマゼラン社は、ユビキタス社の「dalchymia(ダルキュミア)」とマゼラン社の「高精度マルチGNSS RTKソリューション」を連携し、位置情報と各種センサー情報や映像情報など、自動運転やモニタリングに必要な「クラウドを活用した高精度位置測位ソリューション」としてパッケージ化して提供します。

なお、本業務提携にあたり、両社の提携関係をより強固なものとするため、ユビキタス社は、マゼラン社の第三者割当増資を引き受け、6,000万円の出資を行います。


■株式会社ユビキタス 代表取締役社長 佐野 勝大のコメント
「この度、高精度位置測位技術とソリューションに高い競争力を持つマゼランシステムズジャパン様との資本業務提携の発表ができることを大変喜ばしく思っております。IoT時代が幕明ける中、ドローンや様々な移動機器、車両などの運転制御やセンシングを通じた測量など精度の高い“モノ”の位置情報の利活用が今後益々重要になってくると考えております。弊社の持つ「モノ」をつなげ、情報を収集する組込みシステムやIoTクラウドプラットフォーム技術とマゼラン社が持つ、測位技術を融合させることにより、次世代のリアルタイム高精度測位ソリューションを通じた新しいビジネスが実現できるものと期待しております。」

■マゼランシステムズジャパン株式会社 代表取締役 岸本 信弘のコメント
「弊社の持つ低コストでありながら高精度に位置、速度、姿勢角やタイミングを演算し出力するシステムの新しい大きな応用先として、株式会社ユビキタス様の得意とされているIoTクラウドプラットフォームを用いた様々なアプリケーションに大きく期待しています。弊社の技術を搭載した移動体と、その情報や制御をIoT経由でリアルタイムにフィードバックを掛けるプラットフォームは、正しく車の両輪として機能するものであり相互の付加価値をより一層高めるものであります。今後の株式会社ユビキタス様との密接な連携のもと、高度情報化社会構築の一助となれることを目標とし、更なる技術の研鑽と早期事業化に努めてまいります。」

ユビキタス社とマゼラン社は、マゼラン社の持つ移動プラットフォーム向け高精度自動運転・制御技術とユビキタス社の持つ組込み機器向けのソフトウェア技術とクラウドを活用したソリューションを組み合わせて、リアルタイムに測位情報を活用できるトータルソリューションを提供することで、顧客のより精度の高い“モノ”の情報の利活用とシステムの円滑な導入を実現するとともに、両社の事業拡大を目指します。


※ 本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。


■株式会社ユビキタス(証券コード:3858)について
ユビキタス社は、2001年に創業された組込み機器向けを中心としたコンピュータソフトウェアの開発・ライセンスを行う企業です。ユビキタス社会において必要となる、ネットワーク関連(ホームネットワーク関連・暗号技術を含む)、データベース、システムの高速起動技術、IoT(Internet of Things)時代に向けたクラウドプラットフォームなどの多数のソフトウェアとサービスを提供しております。他と差別化された製品群で、ユビキタス社会の要請に応えます。

URL: http://www.ubiquitous.co.jp/


■マゼランシステムズジャパン株式会社について
マゼランシステムズジャパン株式会社は1987年に創業されました。GPSに代表される衛星測位技術のIPや要素技術、システムやアプリケーションを全て独自開発し、ライセンスアウトを主たる業務とする日本で唯一の会社です。30年近い豊富な経験と20件以上の独自基幹特許を有し、高機能で最適化された衛星測位ソリューションの提供を行っています。独自の技術により、GPS(アメリカ)だけでなくGLONASS(ロシア)の衛星をも受信することで、受信率の高い非常に安定したGNSSソリューションを提供致します。更に、RTK(リアルタイム・キネマティック)を用いた高精度(精度:数cm)なマルチGNSSソリューションを低コストで提供しております。

URL: http://www.magellan.jp/


■投資家の皆様へ
本プレスリリースは、ユビキタス社の定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。弊社業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信などをご参照ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る