• トップ
  • リリース
  • 芝浦工大、1,000人規模の大学院給付型奨学金を新設〜グローバル理工系人材の育成支援を加速〜

プレスリリース

芝浦工大、1,000人規模の大学院給付型奨学金を新設〜グローバル理工系人材の育成支援を加速〜

(@Press) 2015年12月10日(木)15時30分配信 @Press

芝浦工業大学(東京都江東区/学長 村上雅人)は、2017年度以降に入学する大学院生を対象に、「グローバル理工系人材育成大学院給付奨学金」を新設します。エンジニアに多様性理解と国際的感覚が求められる現在、世界で活躍できるグローバル理工系人材の育成を推進するため、2年間総額60万円、採用規模1,000人の奨学金を新設し、現在900名程が在学する大学院への進学者増加、および女子学生に対する大学院進学支援を目指していきます。


■概要
【採用規模】
1,000人 (2年間で)
・年度あたりの定員は500人(男250人、女250人)

【受給資格】
芝浦工大の学部生および卒業生のうち、2017年度以降の大学院進学者(博士課程を除く)で、出願時、または入学試験時にTOEICのスコアを550点以上有する者

【給付額】
年間30万円を大学院修了までの2年間(総額60万円)給付
・他の奨学金との重複を認める


■大学院進学者に向けた給付型奨学金新設の背景
(1) スーパーグローバル大学創成支援事業で掲げる数値目標達成の推進
・大学院進学率 32.8%(2013年度)⇒60%(2023年度)
高度な理工系の専門知識を持った人材を社会に輩出するため、現在の大学院進学率を10年後には倍増させることを目指します。

(2) 大学院のダイバーシティを実現
本学ではグローバル化推進の一環として多様性(ダイバーシティ)の創出を進めており、留学生の増加のみならず、女子大学院生を増やすことで、イノベーションの創出につながる多様性が生まれることを目指します。女子学生の大学院進学率向上を図り、社会的にニーズのある高度な理工系の専門知識を持った女性の育成を推進していきます。

参考:2015年度学生数 大学院理工学研究科 修士課程 886名


学校法人 芝浦工業大学: http://www.shibaura-it.ac.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る