• トップ
  • リリース
  • ライフサービス業界初 シェアリングエコノミー特化のITシステムを提供するシェアリングテクノロジーのサービス導入社数が2,000社を突破!

プレスリリース

シェアリングテクノロジー株式会社

ライフサービス業界初 シェアリングエコノミー特化のITシステムを提供するシェアリングテクノロジーのサービス導入社数が2,000社を突破!

(@Press) 2015年12月14日(月)14時00分配信 @Press

ライフサービス分野でユーザーと企業を結ぶシェアリングエコノミーを展開するシェアリングテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:引字 圭祐、以下 当社)は、自社開発のITプラットフォーム「ORANGE」に、お客様の依頼に対して優良サービス提供者がシステム上で入札できる機能を展開し、2015年12月に導入者数が2,000社を突破いたしました。


■シェアリングテクノロジー株式会社とは?
当社は、日々の生活の「困った」を解決するシェアリングエコノミーを展開しており、これは日本のライフサービス業界では初(※)となります。地元の優良企業と提携し、ハウスクリーニングからiPhone修理など日々の生活で発生するトラブル分野ごとにサービスプランの打ち出しなどを行い、ユーザーと提携加盟店を結びつけることで企業の非稼働時間を解消しています。

※2015年12月現在、当社調べ

■「ORANGE」とは
当社は、サービス提供者の管理システムとして「ORANGE」というITプラットフォームを開発しました。ユーザーから依頼が来れば、サービス提供者のもとへ情報を一斉配信し、その情報を元にウェブ上で入札や受注ができるという仕組みです。これを導入することにより、お客様からの依頼情報をいち早くサービス提供者と共有することができ、よりスムーズなサービス提供が実現可能となりました。


■入札機能の効果
・各ジャンルの優良サービス提供者に、優先的に依頼情報を一斉配信し、
 サービスの品質を維持できる。

・「ORANGE」により、お客様・サービス提供者間の取次時間を短縮し、
 スムーズなサービス提供を実現できる。

・受付オペレーターの電話対応時間の短縮で、効率的により多くの
 新規お問い合わせに対応可能できる。

・サービス提供者はメールで依頼情報を確認し、その場で入札・受注が
 可能なため、稼働効率がさらに向上する。


■今後の展望について
当社は、現時点で200以上のサービスに対応しています。今後もより多くのサービスジャンルに対応し、より多くのサービス提供者へ本システムの導入を進めていくことにより、より多くのサービス提供者とユーザーを結び付け、新しいライフサービスに特化したシェアリングエコノミーの形を追求していきます。


■会社概要
会社名  : シェアリングテクノロジー株式会社
所在地  : 愛知県名古屋市中区丸の内3-23-20 HF 桜通ビルディング2F
代表取締役: 引字 圭祐
URL    : http://www.sharing-tech.jp/
設立   : 2006年11月24日
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る