• トップ
  • リリース
  • 日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2015」に『フードテキスタイル』ブースを出展 廃棄予定の食材を染料として活用するテキスタイルブランド始動 〜食材は、生まれ変われる。〜

プレスリリース

  • 記事画像1

日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2015」に『フードテキスタイル』ブースを出展 廃棄予定の食材を染料として活用するテキスタイルブランド始動 〜食材は、生まれ変われる。〜

(@Press) 2015年12月08日(火)15時30分配信 @Press

 繊維専門商社の豊島株式会社(代表取締役社長:豊島 半七、名古屋市中区錦2-15-15)は、2015年12月10日(木)〜12日(土)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2015」(来場者見込み:16万5千人)に出展いたします(東3ホール/小間番号:3-015)。

 今回、豊島株式会社が推進しているプロジェクト『フードテキスタイル』(Food Textile)は、廃棄予定の食材を染料として活用するテキスタイルブランドです。処分を待つだけだった食材たちが、服や生活雑貨に姿を変えて生きつづけます。地球にやさしく、日々を豊かに、テキスタイルの新しい形をご紹介します。
 『フードテキスタイル』に使用される食材は、ブランドの考えに賛同いただいた大手食品メーカーから、カット野菜を作る際に取り除いたキャベツやレタスの外葉や芯、抽出後のコーヒーかすなどを再利用し、独自の技術で食材を染料化しています。ファッションはもちろん、エプロンやランチョンマットなどのキッチン用品からカーテンやソファといったインテリアまで、幅広い分野で使用が可能です。


「エコプロダクツ2015」: http://eco-pro.com/2015/
豊島株式会社: http://www.toyoshima.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る