• トップ
  • リリース
  • 製造・流通・小売、三方良しを目指す不満調査分析の実施顧客企業向けのマーケティング「定量調査から課題解決策を見出す」

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社不満買取センター

製造・流通・小売、三方良しを目指す不満調査分析の実施顧客企業向けのマーケティング「定量調査から課題解決策を見出す」

(@Press) 2015年12月02日(水)09時00分配信 @Press

インターネット上で不満を買い取り、ビッグデータ解析を通じて、企業向けに情報提供を行う株式会社不満買取センター(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木翔一朗、以下「不満買取センター」)は、株式会社ヨネヤマ(本社:神奈川県川崎市川崎区、代表取締役社長:武井泰士、以下「ヨネヤマ」)と「顧客企業満足度向上」を目的とする共同調査を開始致しましたのでお知らせです。


■共同調査の背景
2016年に創業70年目を迎えるヨネヤマは、「より高く」という経営理念の基、「ご縁」と「想い」を受け止めて、モノとサービスに磨きをかけ、お客様に選ばれ続ける企業を目指してきました。客観的な定量情報に基づいた分析を基に顧客企業の満足度調査を向上すべく、ヨネヤマは不満調査会社不満買取センターに調査依頼をしました。
不満買取センターは、「不満のない社会へ」という事業ミッションの基、世の中のあらゆる不満を買い取り、ビッグデータ解析を通じて、企業へ不満調査報告書を提供することで「不満の解消」を目指します。2015年11月1日より、不満買取センターはヨネヤマの顧客企業向けの「不満調査」を開始しました。


■共同調査の概要
(1)不満買取センターでは自社の不満買い取りプラットフォーム(サービス名:不満買取センター)上で、ヨネヤマの顧客企業向けの不満投稿専用ページを設計・提供します。
(2)ヨネヤマは自社の顧客企業へ不満投稿ページを共有し、ネット上で不満を投稿してもらいます。
(3)不満買取センターでは投稿された不満を1個500円で買い取り、テキストマイニング手法でデータ解析を行います。分析結果はレポートの形式で生データと共にヨネヤマに提供します。
(4)調査分析結果に基づき、顧客企業の満足度向上のための改善を行います。


■今後の予定
ヨネヤマは顧客企業に「より成長した企業」になるべく、不満買取センターの分析結果に基いて「顧客企業満足度」の改善施策を行う予定です。
顧客企業の不満調査のほか、ヨネヤマは自社の従業員に対してもより成長した企業になるべく、「従業員満足度調査」を不満買取センターと共同実施し、改善を行う予定です。


■「不満買取センター」について
「不満買取センター」(http://fumankaitori.com)は、株式会社不満買取センターが提供する「WEB上で不満を買い取るサービス」です。2015年3月18日からサービスを提供し、累計会員数約25万人、不満件数約150万件集めています。(2015年12月1日時点)


■株式会社ヨネヤマについて
株式会社ヨネヤマ(1951年12月27日設立)は「豊かでおいしい生活」をつくる事を使命とし、フードウェア(=使い捨て食品容器&包装資材)を通じて、あらゆる食品業界と皆さんのご家庭や職場、学校を結び、日本の食文化を支えるために、企画・開発・デザイン・調達・配達まで地域密着のリアルなビジネスを提供します。


■株式会社不満買取センターについて
株式会社不満買取センター(2012年6月19日設立)は、世の中のあらゆる不満を1個最大25円で買い取り、データ解析を通じて、企業や社会による不満の解決を支援することで、「不満のない社会」の実現を目指しています。
2015年4月から企業向けのマーケティング支援サービス『不満の個別収集』を提供し、顧客企業から依頼された課題・調査テーマに基づき、不満調査設計・分析を行います。


■本件に関するお問合せ先
株式会社不満買取センター(http://corp.fumankaitori.com
所在地:〒163-1333 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
TEL:03-3342-6710(広報担当)
Email:pr@fumankaitori.com(広報担当)

株式会社ヨネヤマ(http://www.foodware.jp
所在地:〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル5階
TEL:03-5791-5611(広報担当)
E-MAIL:takano@topyoneyama.com(広報担当)

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る