• トップ
  • リリース
  • 障がい者アスリート森脇敏夫選手(パラ射撃/ピストル)採用のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ウスイホーム株式会社

障がい者アスリート森脇敏夫選手(パラ射撃/ピストル)採用のお知らせ

(@Press) 2015年12月01日(火)15時30分配信 @Press

ウスイホーム株式会社(本社:神奈川県横須賀市、代表取締役会長:臼井伸二)では、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーションシステム「アスナビ」を活用し、12月1日付で、パラ射撃/ピストルの森脇敏夫選手を正社員として採用いたしました。


【選手プロフィール】
[氏名]
森脇 敏夫(もりわき としお)
[競技種目]
パラ射撃/ピストル
[生年月日]
昭和43年9月21日生まれ
[主な成績]
平成23年8月 IPC ワールドカップ タイ大会 P1 16位
平成23年11月 IPC ワールドカップ オーストラリア大会 P1 19位
平成25年8月 IPC ワールドカップ タイ大会 P1 37位
平成25年11月 第26回全日本障害者ライフル射撃競技選手権大会 AP60M 優勝
平成26年3月 IPC ワールドカップ イギリス大会 12位
平成27年9月 IPC ワールドカップ オーストラリア大会 P1 16位
平成27年11月 IPC ワールドカップ アメリカ大会 P1 39位
[入社日]
平成27年12月1日付 (経営企画室所属)

【森脇選手のコメント】
このたびアスナビの支援により、ウスイホーム株式会社に採用していただくことができました。
競技に集中できる環境を提供していただいたことに感謝するとともに、久里浜という射撃競技の練習場に近い場所で、競技と業務に打ち込めることを嬉しく思っています。
社員の一人として通常業務も行わせて頂く一方、社員の皆様と夢と目標を共有し、応援の力を推進力にして、アスリートとしてより一層の努力をしてまいります。

【射撃競技について】
国内ではAP60M、パラリンピックではP1といい、10m先の標的へ合計60発を撃ちこみ、合計点数で順位を競うエアピストル競技です。
標的の中心が10点(約1cm)、最高で600点となります。
障害内容によりSH1A、SH1B、SH1Cが有り、使用できる装具などが異なりますが、全て同一クラスとして競います。

【採用への背景・思い】
ウスイホームでは、「皆様にとって常にプラスでありたい」という願いを込めた企業ロゴ「+U(プラスユー)」を旗印に、生れてから相続に至るまでお客様のライフステージ全てに対応できるよう、創業時の不動産事業・建設事業に加え、現在では保険事業・保育事業・幼児教育事業・高齢者事業を展開し、「住宅」から「生活」まで解決出来る「ワンストップサービス」を横須賀・横浜・湘南エリアにて提供しております。
また地域スポーツ大会の主催やイベントへの協賛、地元学生の採用など、地域貢献活動も積極的に行い、老若男女が混在する住みやすい街づくりを行っています。
今年の8月、横須賀市からアスナビ説明会ヘの出席依頼があり、参加させて頂きました。
その中で、森脇選手の練習場が当社創業の地であることをプレゼンで聞き、縁を感じました。また企業がトップアスリートの雇用や活動の面で支援することが、社会貢献や社員の一体感醸成に繋がり、さらにはトップアスリートが横須賀にいるということが横須賀市民の活力になるのではと判断し、採用させて頂くことになりました。

【問合せ先】
本リリースに関する件:ウスイホーム株式会社 経営企画室 TEL.046-833-7069
アスナビに関する件:公益財団法人日本オリンピック委員会 TEL.03-5963-0354

【アスナビとは】
オリンピック・パラリンピックを目指すトップアスリートの生活環境を安定させ、競技活動に専念できる環境を整えるために、企業の就職支援を呼び掛けるJOCの活動で、平成27年8月28日(金)、JOCと横須賀市共催のもと横須賀商工会議所にて説明会を開催しました。
本日、横須賀市役所にて横須賀市・横須賀商工会議所による入社記者会見が行われました。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る