• トップ
  • リリース
  • PAL、関西物流特化の人材サービス会社メイン・キャストと事業統合

プレスリリース

  • 記事画像1

PAL、関西物流特化の人材サービス会社メイン・キャストと事業統合

(@Press) 2015年12月01日(火)10時00分配信 @Press

物流アウトソーシング事業を展開している株式会社PAL(パル、本店所在地:大阪市西区、代表取締役:辻 有吾、以下 PAL)は、関西に事業基盤を持ち、物流・製造特化型の人材派遣事業を営む株式会社メイン・キャスト(本店所在地:大阪市西区、代表取締役:山崎 紀文、以下 メイン・キャスト)の人材派遣事業と、本日2015年12月1日、事業統合したことを発表します。

※株式会社メイン・キャスト 山崎氏の「崎」は正式には旧字体になります。


【事業統合の目的及び、今後の展望】
PALは人材派遣から3PL、通販ソリューション、物流機械(マシナリー)に至るまで、物流の最適化を行う様々なソリューション提供を行っています。

現在物流業界では、EC市場の拡大に伴いEC物流への対応力が求められており、また、日本は構造的な労働力不足に悩まされ、物流現場においても人手不足が課題となっております。物流業界において労働力を確保し、急増するEC物流へのソリューション提供が急務であります。PALは、物流現場への機械化を推し進めるとともに、良質な物流人材を提供することで、企業成長や生産性向上、人材育成、雇用機会提供に努めてきております。

関西一円の物流や製造ラインの人材派遣サービスに強い事業基盤を持つメイン・キャストとPALが統合することにより、数千人を超える物流専門の人材が集結することとなり、より広範囲に有能な物流人材の供給がスムーズに展開することが可能となります。
両社の強みが組み合わさることで、物流業界へ更なる価値提供が可能になると確信しています。

同時に、PALはベンチャーキャピタルを引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。物流アウトソーシング事業に止まらず、最先端の物流機械をオペレーションと合わせた物流ソリューション提供を促進し、物流現場の省人化、自動化を推し進め、労働力不足を克服し、そして、日本流通の生産性向上に貢献してまいります。

有能で定着型の物流人材輩出から、物流倉庫のオートメーション化により、年齢や性別、国籍関わらず仕事ができる労働環境整備を行い「機械と人が共存できる物流倉庫」そして「誰もが働きがいのある物流倉庫」の創造に努めてまいります。


【メイン・キャスト会社概要】
株式会社メイン・キャスト
代表者  : 代表取締役 山崎 紀文
本店所在地: 大阪市西区北堀江1-2-27 サウス四ツ橋ビル6F
事業内容 : 総合人材サービス事業
URL    : http://www.maincast-grp.co.jp/


【PAL会社概要】
株式会社PAL
代表者    : 代表取締役 辻 有吾
本店所在地  : 大阪府大阪市西区北堀江2-3-3 久竹ビル2F
本社所在地  : 東京都港区新橋5-8-11 新橋エンタービル2F
事業内容   : 物流オペレーション(3PL)事業
         物流人材派遣事業
         EC通販ソリューション事業
         物流機械(ロボティクス)支援事業
URL      : http://www.pal-style.co.jp
Facebookページ: https://www.facebook.com/pal.co.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る