• トップ
  • リリース
  • スミテム、『要員育成型QC開発支援』サービスにて住友重機械工業様のテスト自動化開発体制構築を支援

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

住友セメントシステム開発株式会社

スミテム、『要員育成型QC開発支援』サービスにて住友重機械工業様のテスト自動化開発体制構築を支援

(@Press) 2015年12月04日(金)15時00分配信 @Press

住友セメントシステム開発株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大塚 千明)は、住友重機械工業株式会社様のテスト自動化開発に関して『要員育成型QC開発支援』サービスをご採用いただき、およそ3ヶ月でシステム導入やSAPシステムSP適用時の回帰テストを効率化できる体制を構築しました。

URL: http://www.sumitem.co.jp/3437


【サービス導入の背景と効果】
住友重機械工業株式会社様では、SAP HANAのパッチ適用やSAPシステムのSP・EHP適用に伴う回帰テストをスコープとし、SAPシステム導入プロジェクトにおいて、2014年にSAP Quality Center by HP(※1、以下 QC)を導入されました。

その際当社では、QCの基盤構築や開発規約の策定などを支援させていただきましたが、自動テストの開発から実行に係る具体的数値での工数見積り、テスト仕様書の詳細な記載項目の決定、SAPシステム以外のアプリケーションの自動化検証、自動化開発をリードできる要員の育成など、いくつか実運用上の課題も挙がっていました。

その後、実際に自動化開発の経験を積むことにより、これらの課題を解決すると共に、自社で完結する形で自動化開発の体制を構築したいとのご要望があったため、QCによる自動化開発と要員の育成を目的としたプロジェクトにおいて、当社の『要員育成型QC開発支援』サービスをご採用いただきました。

本サービスにより、住友重機械工業株式会社様ではプロジェクトを実施した3ヶ月の間で、工数見積りのための基礎数値の収集、テスト仕様書の記載内容と作成方法の確定、Webシステムの自動化検証、自動化開発をリードできる複数要員の育成、などを達成されました。

更に詳細な内容は、JSUG(Japan SAP Users Group) Webサイトに事例記事が掲載されておりますのでご参照ください。

■Japan SAP Users Group Webサイト
http://www.jsug.org/topics/2015/case-2015-sumitem.html


【要員育成型QC開発支援サービスの概要】
QCを活用した自動化開発経験が豊富な当社コンサルタントが、お客様の自動化開発をご支援すると共に、26項目のスキルトランスファーを通してQCによる自動化開発をリードできる要員を育成します。
『要員育成型QC開発支援サービス』のより詳しい内容に関しては、当社Webサイトをご参照ください。

■『要員育成型QC開発支援サービス』のご紹介
http://www.sumitem.co.jp/service/qualitycenter/personnel-training


※1 SAP Quality Center by HPは、SAP社の製品です。


【住友重機械工業株式会社様について】
商号 : 住友重機械工業株式会社
所在地: 〒141-6025 東京都品川区大崎2丁目1番1号(ThinkPark Tower)
URL  : http://www.shi.co.jp/


【住友セメントシステム開発株式会社について】
商号  : 住友セメントシステム開発株式会社(略称スミテム)
所在地 : 〒105-0012 東京都港区芝大門1-1-30 芝NBFタワー3F
URL   : http://www.sumitem.co.jp/
代表者 : 代表取締役社長 大塚 千明
事業内容: ソリューション事業ならびにパッケージソフトの開発・販売
設立  : 1988年12月21日
資本金 : 1億円(授権資本2億円)


※プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る