• トップ
  • リリース
  • CAC Holdingsが米国ベンチャー企業Jiboに出資 〜先端テクノロジー分野のベンチャー企業との提携により新事業領域を開拓〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社CAC Holdings

CAC Holdingsが米国ベンチャー企業Jiboに出資 〜先端テクノロジー分野のベンチャー企業との提携により新事業領域を開拓〜

(@Press) 2015年11月25日(水)10時00分配信 @Press

株式会社CAC Holdings(本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒匂 明彦、証券コード4725、以下「当社」)は、新事業領域の開拓を目的に、米国を拠点とする家庭向けソーシャルロボット開発・販売のスタートアップ企業Jibo, Inc.(本社:マサチューセッツ州ボストン、CEO:スティーブ・チェインバーズ、以下「Jibo社」)への出資を行ったので、お知らせいたします。出資金額は約2.4億円です。


出資は、当社がFenox Venture Capital(本社:米国シリコンバレー、共同代表パートナー兼CEO:アニス・ウッザマン)と共同で10月に設立したファンド、Fenox Venture Company XI, L.P.を通じて行いました。同ファンドは当社が遂行中の2015-17年度中期経営戦略における「新事業領域へのチャレンジ」の施策の1つとして機動的な投資が可能なファンドとして設立し、先端テクノロジー分野でのベンチャー企業との提携により新事業領域開拓を図るものです。

今回の投資先であるJibo社は、ソーシャルロボットのパイオニアであるマサチューセッツ工科大学教授のシンシア・ブリジール博士を始めとする同分野の精鋭により創業されました。同社が開発した「Jibo(ジーボ)」は、音声および感情認識や自然言語処理、機械学習、感情表現ディスプレイ、動作などの最先端技術が投入され、家庭内のメンバーと感情や会話、周囲の出来事の理解を通じてコミュニケーションを図り、多様なタスクの理解と実行ができるなど、家庭向けソーシャルロボットとしては世界初の高度な機能を備えています。当社は本出資を通じてJibo社の日本市場におけるビジネス展開を支援し、家庭向けおよび企業向けソーシャルロボット市場への参入を予定しています。

当社は、今後も有望なベンチャー企業への出資・業務提携を積極的に推進し、オープンイノベーションによる新規事業展開をより一層加速してまいります。


<Jibo, Inc.について>
会社名 : Jibo, Inc.
所在地 : 米国マサチューセッツ州ボストン
代表者 : Steve Chambers(CEO/Executive Chairman)
設立年 : 2012年
事業内容: 家庭向けソーシャルロボット「Jibo」の開発・製造・販売
URL   : http://www.jibo.com/


<CAC Holdingsについて>
株式会社CAC Holdingsは、情報システムの構築・運用などの企業向けITサービスと医薬品開発支援などの業務受託サービスを展開するCACグループの持株会社です。

所在地: 東京都中央区日本橋箱崎町24-1
代表者: 代表取締役社長 酒匂 明彦
設立年: 1966年
URL  : http://www.cac-holdings.com/


[商標等について]
本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る