• トップ
  • リリース
  • アールビーズスポーツ財団、第28回ランナーズ賞発表 長野県の親子、埼玉県のドクターランナー、東京都のウルトラランナー

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社アールビーズ

アールビーズスポーツ財団、第28回ランナーズ賞発表 長野県の親子、埼玉県のドクターランナー、東京都のウルトラランナー

(@Press) 2015年11月24日(火)13時00分配信 @Press

市民参加型スポーツイベントを支援している一般財団法人アールビーズスポーツ財団(事務局:東京都渋谷区、代表理事:下条 由紀子、以下、アールビーズスポーツ財団)は、第28回目のランナーズ賞を本日発表しました。受賞者は、7年間120大会で完走した関崎 豊さん(43)、智琉さん(13)親子(長野県)、32大会で医療支援を行う走歴30年のドクターランナーの小嵐 正治さん(69)(埼玉県)、30年連続ウルトラマラソン完走者で健康運動指導士でもある越智 利国さん(51)(東京都)の3組4名です。授賞式は2015年11月30日(月)、東京都内ホテルにて開催します。


■ランナーズ賞とは
長年に渡り、市民ランナーとして模範的生活を送り、健康であることの喜びやランニングの素晴らしさを多くの人々に伝え、また仲間を作り、さらに地域の社会体育を考えていく、そのような地道で有意義な活動をされている「人」「団体」について、その功績を讃えることを目的としています。1988年から始まり、2015年度で28回目を迎えます。ランナーズ賞事務局による一次審査と、選考委員会により決定します。
詳細は、 https://runnet.jp/award/index.html


関崎 豊さん、智琉さん親子
https://www.atpress.ne.jp/releases/82195/img_82195_1.png

小嵐 正治さん
https://www.atpress.ne.jp/releases/82195/img_82195_2.png

越智 利国さん
https://www.atpress.ne.jp/releases/82195/img_82195_3.png


■第28回「ランナーズ賞」受賞者紹介
▽関崎 豊さん(43)、智琉さん(13)親子 長野県
発達障害がある息子に体力と自信を持たせ、また一緒に走ることで親子の時間を持つという目的のため、父親である関崎 豊(せきざき・ゆたか)さんは、息子の智琉(さとる)さんが小学校2年生になった時からランニングを開始。以降、中学校1年の現在まで7年間、120のランニング大会を完走し、中学卒業までに200大会の出場を目指しています。障害を持つ子供とその父親が「二人三脚」で走り、「ランニング」に挑戦する姿は、ブログ等を通じて同じような境遇の人たちに勇気を与えています。

▽小嵐 正治さん(69) 埼玉県
小嵐 正治(こあらし・まさはる)さんは2008年からNPO法人 日本医師ジョガーズ連盟代表理事として、現在400人近い会員数の法人を率い、また各地のマラソン大会にてドクターランナーの活躍の場を創出、現在では32大会で医療支援を行うなど、マラソン大会での安全確保と事故防止にご尽力されています。走歴30年の市民ランナーであり、今でも年間10大会以上のフルマラソン、ウルトラマラソンに出場。またランニングのことを知る整形外科医として、市民ランナーへのアドバイスや著述でも活躍しています。

▽越智 利国さん(51) 東京都
越智 利国(おち・としくに)さんは、30回を迎えたウルトラマラソンの先駆け的大会である「サロマ湖100kmウルトラマラソン」に第1回から連続出場、ただ一人30年間全て完走を果たしています。特に30回目となった今回には事前の体調トラブルで十分なトレーニングが積めないながらも無事完走、自らウルトラマラソン完走の確実な取り組みを実証しました。健康運動指導士、トレーナーとして市民を指導する傍ら、自らの経験も交えウルトラマラソン完走のアドバイスも行っています。


*株式会社アールビーズについて
1975年に株式会社ランナーズとして設立。翌年、国内初の市民スポーツ雑誌「月刊ランナーズ」を創刊。1997年、ランニングポータルサイト「RUNNET」を開設、国内約2000大会、約200万人が登録。2009年、社名を「株式会社アールビーズ」に変更、同時に「ランナーズホールディングス」を設立。グループでは、ランニング記録計測サービスの他、出走権譲渡「ゆずれ〜る」、Facebookに自動的に写真アップ「ランフォト2.0」、ランナーの位置情報を地図上に表示する応援者を支援する「応援navi(ナビ)」など常に最新技術を企画開発。ランニング関連で、<スポーツとIT>の融合を目指した業界リーダーとしての役割を果たしている。


【アールビーズスポーツ財団について】
ランニングの普及・発展のための事業を数多く実施してきた「ランナーズグループ」によって2010年に設立された財団法人。市民ランニング界に貢献する人や団体、大会に贈られる「ランナーズ賞」の運営など、社会貢献事業や公共性の高い事業を行っている。現在はランニングのみならず、自転車なども含めて市民参加型のスポーツイベントを支援。ランニング関連データの収集、ランナーズマイスター養成講座の運営、ボランティア育成・派遣などにも取り組んでいる。

・名称  : 一般財団法人アールビーズスポーツ財団
・代表者 : 代表理事 下条 由紀子
・事務局 : 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-4-12 DT外苑
・設立  : 2010年
・事業内容: 「ランナーズ賞」運営、市民参加型スポーツイベント支援、
       ボランティア育成等
・URL   : http://www.r-bies.or.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る