• トップ
  • リリース
  • IoTに関する、ビジネス向けサポートの強化と共に個人向けサポートの業界標準化に向け日本PCサービス株式会社と協力体制へ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

スリープログループ株式会社

IoTに関する、ビジネス向けサポートの強化と共に個人向けサポートの業界標準化に向け日本PCサービス株式会社と協力体制へ

(@Press) 2015年11月25日(水)17時00分配信 @Press

 「夢」を目指す人材を支援し、ITを中心としたBPO(※1)事業、ビジネス成長支援事業を提供するスリープログループ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村田 峰人、東証二部:2375)は、パソコンならびにIT関連機器の総合サービス事業を手がける日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:家喜 信行、名証セントレックス:6025、以下 日本PCサービス)と資本業務提携を行うこととしましたので、お知らせいたします。


■資本業務提携の理由
 当社グループは、125,000人のスタッフがITを中心とした導入・設置・交換・保守支援、コンタクトセンター運用及びスタッフ支援、営業代行・販売支援、システム・エンジニアリング開発受託・スタッフ支援から構成されるIT関連のBPO(※1)サービスを軸とした4つのサービスを展開しております。また、グループ企業の株式会社アセットデザインでは、主に東京、大阪の都心部42拠点において、1,600社に対しコワーカー、テレワーカー、スタートアップ企業に特化したワークスペース及びBPO(※1)サービスを提供する、ビジネス成長支援事業を行っております。
 一方で、日本PCサービスは、パソコンをはじめとするデジタル機器やHEMSなどのホームネットワークの設定・設置からトラブル解決、廃棄までワンストップでサポートを提供しており、個人顧客の住環境において、ありとあらゆるネットワーク対応機器をサポートする「家まるごとサポート」を掲げ、事業を促進しております。
 当社グループと日本PCサービスは、両社の強みである個人向け及び法人向けのITサポートサービスにおいて相互に補完し合い、協力関係を構築、強化していくことが両社の企業価値の向上に資すると判断し、業務提携に至りました。また、今後の業務提携を確実に推進し、協力体制を磐石にしていくためには相互に資本参加することが望ましいと判断し、資本関係を構築することといたしました。
 本資本業務提携を契機として、今後拡大が見込まれるIoT機器関連の市場において、両社それぞれのサポート力を提供しあうことで、時代の流れに合わせたサービスをより多くの顧客へ提供できるよう目指してまいります。


■資本業務提携の内容
1. 今後需要の拡大が見込まれるIT機器の分野において、サポートスタッフのリソース共有を行う。
2. フィールドサポート事業において、双方が得意とする分野において相互協力を行う。
3. 出張サポートのサービス向上のため、両社共有の独自資格を構築し、教育プログラムの標準化を行う。


(※1)BPO(Business Process Outsourcing)とは、ビジネス・プロセス・アウトソーシングの略称であり、顧客企業の業務処理(ビジネスプロセス)の一部を専門業者に外部委託することです。専門業者が業務プロセスを分析、企画することで顧客企業にとって業務プロセスの最適化、運用コストの変動費化等のメリットがあります。


■会社概要
会社名 : 日本PCサービス株式会社(証券コード:6025)
代表者 : 代表取締役社長 家喜 信行
所在地 : 大阪府吹田市広芝町9-33
設立  : 2001年9月
資本金 : 1億8,880万円
事業内容: ホームネットワーク関連のサポートサービス、
      HEMS・太陽光パネル・燃料電池等のサポートサービス
URL   : https://www.4900.co.jp/
      http://www.j-pcs.jp/


会社名 : スリープログループ株式会社(証券コード:2375)
代表者 : 代表取締役社長 村田 峰人
所在地 : 東京都新宿区西新宿7-21-3
設立  : 1977年1月20日
資本金 : 10億260万円
事業内容: IT機器に関するサポートサービス、コールセンターサービス、
      セールスプロモーションサービス、ITエンジニア派遣、受託開発、
      ビジネス成長支援事業
URL   : http://www.threepro.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る