• トップ
  • リリース
  • 「DAKAR(ダカール) RALLY(ラリー) 2016」ホンダ・レーシングのワークスラリーチーム(Team HRC)の端末として、京セラ製高耐久スマートフォン「TORQUE(トルク)」を提供

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

「DAKAR(ダカール) RALLY(ラリー) 2016」ホンダ・レーシングのワークスラリーチーム(Team HRC)の端末として、京セラ製高耐久スマートフォン「TORQUE(トルク)」を提供

(@Press) 2015年11月17日(火)11時30分配信 @Press

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、2016年1月、アルゼンチン共和国、ボリビア多民族国間で行われるDAKAR RALLY 2016に二輪で出場する株式会社ホンダ・レーシングのワークスラリーチーム(Team HRC、以下Team HRC)のテクニカルスポンサーとして、当社の高耐久スマートフォンTORQUE KC-S701を提供します。

DAKAR RALLYは、砂漠、ジャングル、山岳地帯などの道路が整備されていないような環境を走破する「ラリーレイド」と言われる競技大会の1つです。HRCダカールラリー2016プロジェクトリーダーの本田氏からは、「DAKAR RALLYではバイクだけでなく、使用する全ての機器に過酷な環境下で耐えうる性能が求められます。過酷な環境下でも確実に使える京セラの高耐久スマートフォンが、私たちのレース活動において極めて重要な役割を果たすことを確信しています。」とのコメントをいただいています。
今回、提供するTORQUE KC-S701は、米国国防総省の調達基準MIL-STD-810G規格※111項目に準拠し、過酷な環境での利用に適した高い耐久性能が評価されています。Team HTCがバイクのログ情報をTORQUEで確認したり、メカニックにデータを送信するなど、チームのコミュニケーションツールとして活用され、DAKAR RALLYでのTeam HRCのレース活動をサポートします。

京セラWEBサイト : http://www.kyoceramobilephone.com/partner/hrc/index.html
Team HRC WEBサイト : http://rally.hondaracingcorporation.com/

「DAKAR RALLY 2016」は、2016年1月3日にブエノスアイレス(アルゼンチン共和国)を出発。16日までにボリビア多民族国を経由後、再びゴールとなるロザリオ(アルゼンチン共和国)を目指し、二輪、四輪、トラックの3部門で競います。


■京セラの高耐久スマートフォンについて
京セラは、2013年3月、北米市場向けにMIL-STD-810G規格※1に準拠した高耐久スマートフォンTORQUEを投入しました。
防水、防塵、耐衝撃に加え、振動、高温、低温、塩水噴霧、湿気などに対する高い耐久性能※1が、アウトドアを楽しむユーザーや過酷な環境下で作業を行う方々より高く評価され、北米ではDuraForceなどDuraシリーズとしても展開しております。
日本では2014年にauより初号機となるTORQUE G01が発売され、本年7月にその後継機となるTORQUE G02が発売。世界初※2の耐海水※3性能を備えたスマートフォンとしてさらに利用フィールドを広げています。また、本年、欧州市場にもTORQUE KC-S701が投入され、現在、京セラの高耐久スマートフォンはグローバルな市場で展開しています。

今回提供するTORQUE KC-S701は、手袋を着用した状態であってもディスプレイ操作※4が可能であり、また、騒がしい場所でも相手の声がクリアに聞こえる京セラの独自技術「スマートソニックレシーバー」を搭載しています。この様な機能は、約2週間にわたる過酷なラリー環境下において、Team HRCのコミュニケーションツールとしてレース活動に貢献するものと期待しております。


※1 過酷な環境下での試験を実施する米国国防総省の調達基準【MIL-STD-810G】の11項目(Dust(粉塵)、Shock(落下)、Vibration(振動)、High Temperature(高温)、Low Temperature(低温)、Blowing rain(風雨)、Low pressure(低圧)、Solar radiation(太陽光照射)、Salt fog(塩水噴霧)、Humidity(湿度)、Immersion(浸漬)に準拠した試験を実施。本製品の有する性能は、試験環境下での確認であり、実際の使用時、すべての状況での動作を保証するものではありません。また、無破損・無故障を保証するものではありません。予めご了承ください。
[耐衝撃について]日常生活における使用での耐衝撃性能を想定していますので、投げつけたり、無理な落とし方をするなど、過度な衝撃を与えた場合は壊れる可能性がありますので、ご注意ください。また、本製品の性能に異常がなくても落下衝撃にて傷などが発生します。
[防水、防塵について]※ IPX5:内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保ちます。※ IPX8:常温で、水道水、かつ静水の水深1.5mのすいそうに電話機本体を静かに沈め約30分間水底に放置しても、本体内部に心酔せず、電話機としての機能を保ちます。※ IP6X:防塵試 験用粉塵(直径75μm以下)が内部に入らないように保護されていることを意味します。
※2 2015年3月31日現在に発売されているスマートフォンにおいて。(株)ネオ・マーケティング調べ
※3 日本沿岸部を想定した海水で京セラ独自の耐久試験を実施。水深1.5mに約30分沈めても本製品内部に浸水せず、電話機の性能を保つこと。全ての海水耐久に対して保証するものではございません。
※4 グローブの種類によっては操作しづらい場合があります。また、水に濡れた状態ではグローブ操作はできません。

※Google 、Android、Google Playおよびその他のマークは、Google Inc. の商標です。※その他の商標は各所有者が権利を有します。
その他社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。※製品仕様、デザインおよびサービス内容は予告なく変更することがあります。 

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る