• トップ
  • リリース
  • トレンドマイクロとユビキタス、IoT向けセキュリティソリューションの共同開発に合意 〜IoTデバイス/クラウドプラットフォームの安全利用を推進〜

プレスリリース

株式会社ユビキタス、トレンドマイクロ株式会社

トレンドマイクロとユビキタス、IoT向けセキュリティソリューションの共同開発に合意 〜IoTデバイス/クラウドプラットフォームの安全利用を推進〜

(@Press) 2015年11月16日(月)11時00分配信 @Press

トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下 トレンドマイクロ)と株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、JASDAQ:3858、以下 ユビキタス)は、IoT(Internet of Things)分野におけるセキュリティソリューションを共同開発することに合意しました。具体的には、以下の3分野における協業を開始します。

(1) IoT関連の管理装置に組み込む「セキュリティソリューションのソフトウェア開発キット(SDK:Software Development Kit)」の共同開発
(2) セキュアなIoTクラウドプラットフォームの実現
(3) 自動車向けセキュリティの共同研究


◆IoT関連の管理装置に組み込む「セキュリティソリューションのSDK」の共同開発
スマートテレビやエアコン、給湯器といった住宅設備機器など家庭内のIoTデバイスを家の外から遠隔操作する際や、家庭内の電力使用状況を把握する際に必要な管理装置(ホームゲートウェイ)に組み込むセキュリティソリューションを共同開発します。具体的には、ユビキタスの提供するIoTデバイスと管理装置が通信するためのスマートホーム関連技術と、トレンドマイクロのIoTデバイスを保護するセキュリティ技術「Trend Micro Smart Home Network(TM)」を組み合わせて、管理装置を製造、提供する事業者にSDKとして提供します。事業者は本SDKを利用することで、家庭内のIoTデバイスに対する脆弱性を悪用する攻撃やウイルスの感染から防ぐ機能を管理装置に実装できます。共同開発の第一弾として、本SDKを利用し開発した管理装置を2016年1月に米国ラスベガスで開催されるCES(Consumer Electronics Show)期間中に、トレンドマイクロの特設ブースで参考展示します。


◆セキュアなIoTクラウドプラットフォームの実現
ユビキタスが提供するIoTクラウドプラットフォーム「dalchymia(ダルキュミア)」に、トレンドマイクロの総合サーバセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security(TM)」を導入し、「dalchymia」サービスのAPIとして利用できる環境を構築します。これにより、外部からの不正アクセスや脆弱性を悪用する攻撃を防ぎ、セキュアなIoTクラウドプラットフォームの提供を実現します。また、前出のIoT関連の管理装置とIoTクラウドプラットフォームを連携させることで、短期間で安全なIoT環境を実現します。


◆自動車向けセキュリティの共同研究
次世代自動車に求められるセキュリティ技術とそれを活用したセキュリティソリューションの共同研究を行います。

IoT時代の本格到来を迎え、サイバーセキュリティの脅威が懸念されています。
このような環境の中、IoTデバイス/クラウドプラットフォームの安全な利活用を実現するセキュリティソリューションの提供が重要となっています。今回の協業を機に、今後両社はIoTデバイス、IoTクラウドプラットフォームに加えて、IoT環境における安全な通信やデータの保護の実現に取り組んでまいります。


※本リリースに記載された内容は2015年11月16日現在の情報をもとに作成されたものです。今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。

※本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。


■「Trend Micro Smart Home Network(TM)」について
http://www.trendmicro.co.jp/jp/about-us/press-releases/articles/20140918003811.html


■「Trend Micro Deep Security(TM)」について
http://www.trendmicro.co.jp/jp/business/products/tmds/


■IoTクラウドプラットフォーム「dalchymia(ダルキュミア)」について
「dalchymia」は、デバイスとデータを管理するプラットフォーム(device & data management platform:D2MP)です。デバイスやアプリケーションとのインタフェース、データの保存機能、管理機能などの各種コンポーネントから構成されており、デバイスを利用したアプリケーションサービス開発を効率的に低コストで実現するために必要なAPI仕様(リファレンスアプリケーション、ファームウェア、通信モジュール)の提供を行います。HEMS機器の情報をインターネット経由で「dalchymia」にアップロードし、家庭内の電力見える化などを行うHEMSサービスなどに利用されています。
http://www.ubiquitous.co.jp/products/clo/dalchymia/


■株式会社ユビキタス(証券コード:3858)について
ユビキタス社は、2001年に創業された組込み機器向けを中心としたコンピュータソフトウェアの開発・ライセンスを行う企業です。ユビキタス社会において必要となる、ネットワーク関連(ホームネットワーク関連・暗号技術を含む)、データベース、システムの高速起動技術、IoT(Internet of Things)時代に向けたクラウドプラットフォームなどの多数のソフトウェアとサービスを提供しております。他と差別化された製品群で、ユビキタス社会の要請に応えます。


■投資家の皆様へ
本プレスリリースは、ユビキタス社の定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。当社業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信などをご参照ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る