• トップ
  • リリース
  • タンパク質分解酵素「カテプシンV」がシミの原因となるメラニン色素を含むメラノソームの分解に関与することを発見

プレスリリース

  • 記事画像1

富士フイルム株式会社

タンパク質分解酵素「カテプシンV」がシミの原因となるメラニン色素を含むメラノソームの分解に関与することを発見

(@Press) 2015年11月05日(木)13時45分配信 @Press

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、シミの原因となるメラニン色素を含む「メラノソーム」(*1)が表皮細胞(ケラチノサイト)(*2)で分解される際に、タンパク質分解酵素「カテプシンV」が関与していることを発見しました。

◆タンパク質分解酵素「カテプシンV」がシミの原因となるメラニン色素を含むメラノソームの分解に関与することを発見の詳細は、富士フイルムのWebページよりご覧ください。
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1020.html?link=atp64

カテプシンVは、細胞内の消化器官「ライソソーム」(*3)に存在する酵素で、その量が減少すると、ケラチノサイトにメラノソームの蓄積が多くなり、ケラチノサイトの細胞分裂が抑制されてしまうことも確認しました。この結果は、カテプシンVの増減がターンオーバーによるメラニンの排出に関与していることを示唆しています。また、当社は、米ぬか脂質に含有される成分「オリザノール」に、カテプシンV産生促進作用とメラノソーム分解促進作用があることを確認。さらに、本成分を世界最小クラス20nmサイズで安定にナノ分散した「ナノオリザノール」の開発に成功しました。粒子径を小さくすることにより、皮膚への浸透性向上が期待できます。

当社は平成25年に、ケラチノサイト内でメラノソームが分解すること、さらに、その分解にはライソソームが関与していることを明らかにしており、このメカニズムについて研究を進めてきました。今回新たに得られた研究成果を、機能性化粧品の開発に応用していきます。なお、本研究の内容は、平成28年3月26日から29日まで開催される「日本薬学会第136年会」で発表する予定です。
*1 メラノサイト(色素細胞)内に存在する細胞小器官。シミの原因となるメラニン色素は、メラノソームに貯蔵されケラチノサイトへ移動する。
*2 皮膚を構成する細胞。角化細胞とも呼ばれ、何層にも重なった構造を示す。メラノサイトで生成したメラニン色素を取り込む性質がある。
*3 細胞内に存在する消化器官。内部に多様な消化酵素を持ち、異物を取込み消化する。リソソームとも呼ばれる。

<関連リンク>
化粧品・サプリメント フジフイルムだからできること
  ⇒ http://shop-healthcare.fujifilm.jp/reason/index.html?link=atp64
富士フイルムの事業領域:ヘルスケア
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/aboutus/solution/healthcare/index.html?link=atp64
富士フイルムの化粧品・サプリメント販売サイト「ビューティー&ヘルスケアShop」
  ⇒ http://shop-healthcare.fujifilm.jp/index.html?link=atp64
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp64
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp64
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る