• トップ
  • リリース
  • テンダ、新クラウドサービスの基盤に『NEC Cloud IaaS』を選定

プレスリリース

テンダ、新クラウドサービスの基盤に『NEC Cloud IaaS』を選定

(@Press) 2015年11月05日(木)11時00分配信 @Press

日本国内で、中堅から大企業を中心に約3000社にビジネスソフトを提供している、株式会社テンダは新クラウドサービスの基盤の一つで『NEC Cloud IaaS』を利用する事を決定致しました。本年度末ごろより、順次既存プロダクトを日本電気株式会社様の技術開示を受け、 『NEC Cloud IaaS』 に移行する予定としております。
これを機会に、弊社と日本電気株式会社様とはクラウド環境の提供、技術交流、販売協力などのアライアンス関係を強化して行く予定です。

『NEC Cloud IaaS』選定のポイントは、以下となります。
■豊富な実績
 NEC Cloud IaaSが迅速性かつ柔軟性・拡張性を兼ね備え、豊富な実績があること
■NECの総合力を評価
SI事業、アウトソーシング事業の長年の実績に加え、 進展するクラウド技術のアセットをHW・SW・NW、データセンター等全てのレイヤーにおいて保有。
民間企業から公共機関まで多様な規模の業種、業務をカバーしており、今後のサービス拡張に向けてのパートナーとしても選定致しました。
■販売協力
 多くの顧客基盤をもち、販売面でも協力体制を築けること

クラウド基盤サービス 『NEC Cloud IaaS』 とは
サーバやストレージ、ネットワークのリソースを、月額や時間課金でご利用いただけるサービスです。「高いコストパフォーマンス」と「高性能・高信頼」2つのサービスの組合せであらゆるシステムニーズに対応。さらに、他のクラウド、オンプレミス、ハウジングなどを適材適所で利用する「ハイブリッドクラウド」やその「統合運用管理」を実現します。

参考:NEC Cloud IaaSについて
http://jpn.nec.com/cloud/service/platform_service/iaas.html

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る