• トップ
  • リリース
  • ダイレクト・リクルーティングなど採用・人事領域の最先端研究を行う「ビズリーチHR研究所」を設立

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ビズリーチ

ダイレクト・リクルーティングなど採用・人事領域の最先端研究を行う「ビズリーチHR研究所」を設立

(@Press) 2015年11月02日(月)11時15分配信 @Press

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎)は、ダイレクト・リクルーティングをはじめとする採用・人事領域の最先端研究を行う「ビズリーチHR研究所」を設立いたしました。

当社は「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」というミッションのもと、採用市場を可視化し、インターネット上に求職者と採用企業の双方を直接つなげる日本初の本格的な「ダイレクト・リクルーティング」サービスを展開してまいりました。「ダイレクト・リクルーティング」とは、企業が主体的・能動的に採用活動を行うことで、企業の採用力を本質的に向上させるものです。その結果、優秀な人材を、より早くより安く採用できます。世界では当たり前となっているダイレクト・リクルーティングは、近年日本でも外資系企業や大手企業、スタートアップ企業を中心に広まり始めています。

労働人口が減少する日本において、企業経営における優秀な人材の価値はより高まり、人材の獲得競争・育成競争を迎えると予測されています。企業の競争力を左右する人材獲得競争の時代に、ダイレクト・リクルーティングなどを中心とした採用手法に関する調査・研究・提言を行うことが、個人と企業の競争力の向上につながると考え、このたび専門の研究機関を設立する運びとなりました。

ビズリーチHR研究所では、「ダイレクト・リクルーティング」、「タレント・マネジメント」、「HR Tech」を中心とした調査・研究をいたします。第一弾として、「採用学」の第一人者である横浜国立大学の服部准教授がリーダーを務める採用学研究所(運営:株式会社ビジネスリサーチラボ)と 日本の採用活動動向の調査を目的として共同研究を実施しました※1。今後も採用・人事領域における科学的なアプローチにより、才能ある人材の採用や個人の能力を開花させる社会の実現に貢献してまいります。

※1「採用学I 成長企業における採用活動の特徴」の研究レポートを配信開始
https://www.hrreview.jp/mid-career/2631/

■組織概要
正式名称: ビズリーチHR研究所
欧州表記: BizReach HR Research Institute.
設立: 2015年11月
研究領域:
・ダイレクト・リクルーティングを中心とした採用手法に関する研究
・タレント・マネジメントを核とした組織・人事に関する研究
・HR Techなど、インターネット・新技術を活用した人事領域の研究

活動内容:
・「ダイレクト・リクルーティング」「タレント・マネジメント」「HR Tech」における調査・研究および、レポート等による情報発信
・上記調査をもとにしたセミナー・ワークショップ等の企画運営
・産学連携による共同研究
「採用学領域での共同研究」 横浜国立大学 服部泰宏 准教授
「タレント・マネジメント」 法政大学大学院政策創造研究科 石山恒貴 教授

所長: 佐藤 和男(株式会社ビズリーチ 執行役員)
所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1

■「採用学」について
「採用学」とは、企業の採用活動に関する課題に科学的観点からアプローチし、採用活動の効率化を支援して社会に貢献することを目的とした、課題解決志向で実践的な学問です。

■株式会社ビズリーチについて
「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」をミッションとし、人材領域と教育分野のインターネットサービスを運営。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、シンガポールに拠点を持ち、従業員数は551名(2015年10月現在)。管理職・グローバル人材に特化した会員制の転職サイト「ビズリーチ」やアジア版の「RegionUP(リージョンアップ)」、20代のためのレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」、完全無料のクラウド型採用サービス「スタンバイ」、友だちとクイズで競える学習アプリ「zuknow(ズノウ)」、お腹を空かせた学生のための肉食就活サイト「ニクリーチ」などを展開。
参照URL: https://www.bizreach.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る