• トップ
  • リリース
  • キャピタルメディカ、株式会社新開トランスポートシステムズと資本・業務提携契約を締結

プレスリリース

株式会社キャピタルメディカ

キャピタルメディカ、株式会社新開トランスポートシステムズと資本・業務提携契約を締結

(@Press) 2015年10月22日(木)14時00分配信 @Press

 株式会社キャピタルメディカ(本社:東京都港区、代表取締役:古川 淳)は、株式会社エステーエス(本社:東京都江東区、代表取締役:古賀 あや)および株式会社新開トランスポートシステムズ(本社:東京都江東区、代表取締役:森 浩二)と資本・業務提携契約を締結いたしました。このたびの資本・業務提携契約締結に伴い、新開トランスポートシステムズ社の持株会社であるエステーエス社が当社の発行済み株式の約3%を取得しております。


■資本・業務提携の背景
 当社は、病院運営に関する業務受託、医療周辺業務サポート、高齢者住宅の運営などヘルスケア関連の幅広い事業を展開しています。近年、病院施設の老朽化を背景とした建替え需要が顕在化しつつありますが、これは、1985年に施行された第1次医療法改正による病床規制の導入をにらんだ駆け込み増床が1970年代から1980年代前半にかけて発生し、そこから40年程度経た現在において、これら病院の建替え需要が発生しているものです。
 これら病院建替えの対応としては、病棟の新設移転および増改築があります。新設移転には医療オペレーションを継続させながら、高度医療機器や医療情報システム等の安定的な移転、および入院中の患者への影響を最小化する移転業務が求められ、また、増改築の場合においても病棟機能の配置転換に伴う各医療機器やシステムの移転を速やかに行うことが必要となります。


■資本・業務提携の目的
 高度な精密機器や情報システムの移転に関する実績を豊富に有する新開トランスポートシステムズ社とこの分野で協業することで、新開トランスポートシステムズ社は病院設備・オペレーションの移転業務に関するノウハウの習得、当社は医療周辺業務サポートの中長期的なサービス高度化にも資すると判断したことで、このたび資本・業務提携を行うことといたしました。今回の資本・業務提携を通じて、新開トランスポートシステムズ社および当社のさらなる企業価値向上を今後も目指してまいります。


【株式会社エステーエス】
所在地 :東京都江東区東陽三丁目7番13号
事業内容:グループ経営管理業務


【株式会社新開トランスポートシステムズ】
所在地   : 東京都江東区東陽三丁目7番13号
事業内容  : 運送業、倉庫業その他関連業務
ホームページ: http://www.stsnet.jp


【株式会社キャピタルメディカ】
所在地   : 東京都港区虎ノ門1丁目2-3 虎ノ門清和ビル10階
事業内容  : ヘルスケアセクター向け経営支援業務
ホームページ: http://capimedi.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る