• トップ
  • リリース
  • 隠れたコストを収益化できるシステムの販売で業務提携 売上換算で数億円の経済効果も

プレスリリース

一般社団法人社会整備サポート協会

隠れたコストを収益化できるシステムの販売で業務提携 売上換算で数億円の経済効果も

(@Press) 2015年10月22日(木)09時30分配信 @Press

一般社団法人社会整備サポート協会(所在地:東京都新宿区、代表理事:河合 一広、以下:サポート協会)は、株式会社システム科学(所在地:東京都文京区、代表取締役:石橋 博史、以下:システム科学)が開発した「Starts System(TM)(スターツシステム)」の販売について業務提携をしました。

サポート協会: http://social-navi.jp/
システム科学: http://www.ss-hit.co.jp/


<「Starts System(TM)(スターツシステム)」について>
「Starts System(TM)(スターツシステム)」は、システム科学が長年のコンサルティング経験を基に、独自開発したアンケート項目に回答していくだけで、今まで隠れていた非効率な業務体系や、非効率な情報の流れをピンポイントで抽出できるシステムです。ソフトの導入は数分で完了、社員は10分程度で回答でき、終了すれば、即座に集計できるものです。その結果は、直近の上場10社(3,000人)との比較資料も反映されます。

そのため、ホワイトカラーが肥大化している企業や、関連会社を多く抱える企業等、業務の効率化の必要性が高い企業に有効です。「当社にはムダは無い」という言葉がよく用いられますが、関連会社や部署が多くなるにつれ、気づかれない重複業務や非効率業務が多く存在しています。
非効率な業務のまま、ITの入れ替えを行えば、莫大なコストがかかる反面、このシステムで事前にチェックさえしておけば、IT入れ替えコストを最大90%削減できた実績もあります。

業務の可視化は広く浸透しているものの、導入には多くのコストや、労力がかかる商品が多い中、この「Starts System(TM)(スターツシステム)」は、導入も運用も極めてシンプルで、結果も最近の実績と他社比較ができ、素早い経営判断に役立つものとして注目され始めています。

システム導入費用は98万円(税別)で、未上場企業から一部上場企業まで多数の導入実績があります。詳細は下記PDF参照。

「Starts System(TM)(スターツシステム)」
https://www.atpress.ne.jp/releases/78219/att_78219_1.pdf


<社会整備サポート協会について>
社会性の高いスキルを持つ専門家を発掘、強い個人の育成に貢献するコンテンツ創造企業。

名称   : 一般社団法人社会整備サポート協会
法人所在地: 東京都新宿区新宿1-24-7
代表者  : 代表理事 河合 一広
業務内容 : エージェント・マネジメント業務、ビジネスコンテンツ制作
事業領域 : スポーツ分野、コンプライアンス分野、
       クリエイティブ分野、経済分野
URL    : http://social-navi.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る