• トップ
  • リリース
  • サービスエンジニアの技能コンテスト「Global SE Awards 2015」の世界大会を開催 世界15ヶ所の地区大会を勝ち抜いたサービスエンジニアの代表が浜松に集結

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ローランド ディー.ジー.株式会社

サービスエンジニアの技能コンテスト「Global SE Awards 2015」の世界大会を開催 世界15ヶ所の地区大会を勝ち抜いたサービスエンジニアの代表が浜松に集結

(@Press) 2015年10月16日(金)15時00分配信 @Press

業務用インクジェットプリンターや3次元ものづくりツールを製造・販売するローランド ディー.ジー.株式会社は、当社製品の修理・メンテナンスに携わるサービスエンジニア(以下、SE)を対象とした技能コンテスト「Global SE Awards(グローバルSEアワード)2015」の世界大会を2015年10月20日(火)〜22日(木)に、浜松本社で開催しますのでお知らせいたします。


業務用の製品を多く取り扱う当社では、お客様の円滑な事業推進を担保し、製品を末永く安心してご利用いただくため、「ローランド ディー.ジー.ケア」と称する独自のカスタマーサービス・サポート体制を構築・運営しております。Global SE Awardsは、SEが日々の業務や自己研鑽を通じて獲得した知識や技能をコンテスト形式で競い合う場や、SE同士が交流を通じてベストプラクティスや個別ノウハウの共有を促す機会を、地域レベル、グローバルレベルで提供することで、SEのモチベーション向上とともにローランド ディー.ジー.ケアの水準をさらなる高みへと進展させることを狙いとするものです。

当社がGlobal SE Awardsを開催するのは、2013年に続き二度目となります。今回は、地区大会の開催地に中近東、アフリカ、バルカン、中国などの新興国・地域を加えて規模を拡大するとともに、大会への参加にあたっては、「ローランド ディー.ジー.ケア 認定SE*」の認証を取得することとし、知識や技能の底上げを図っております。地区大会は、2015年2月から8月にかけて世界15ヶ所で開催され、50ヶ所の国と地域から認定SE計449名が参加しました。世界大会に参加するのは、地区大会の激戦を勝ち抜いたSEの精鋭たちで、18ヶ所の国と地域から21名が来日し、当社プリンターに使われているインクジェットヘッドの交換や製品トラブルからの復旧を試みる実技試験、メンテナンスサービスに関する総合的な知識を試す筆記試験の全3課題の技能コンテストに臨み、チャンピオンの座を競います。


世界大会を管掌するグローバルサービス本部サービス部長の香下(こうした)隆明は、「事業の競争環境が激しくなる中、他社と差別化し、当社製品に対する信頼や安心感を高めていただくうえで、サービス・サポート活動の重要性が高まっています。今大会では、新興国・地域にも対象を拡大していますが、この背景には、世界中で高品質なサービスを均一に提供できる体制を構築し、グローバルカンパニーとしてのサービス・ブランドを確固たるものにしていきたいとの想いがあります」と述べています。

一方、Global SE Awardsについて、香下は、「チャンピオンを選定すること以上に、大会を通じて、それぞれのSEが保有するノウハウや成功事例の共有を促し、ローランド ディー.ジー.全体で、高品質なサービスを提供しようとする風土や文化を創り上げることを重視しています」と述べ、「今後、当社は、インターネット上でSE同士が情報共有し、困難に直面した時は、お互いに助けあうことができるようにするなど、オンラインで日常的に協力できるシステムの整備を進め、より一層充実したカスタマーサービス・サポート体制を構築していきたいと考えています」と抱負を述べています。


*ローランド ディー.ジー.ケア 認定SEについて
当社のSEとして、一定の能力水準に達していることを認証する制度。認定SEになるには、製品構造を深く学ぶことはもちろん、製品の設置、修理、点検およびメンテナンスを行うためのトレーニングを受講し、最終的には、当社が行う実技・筆記試験に合格する必要があります。


■地区大会について
地区大会の模様や代表者のコメントは、以下のウェブサイトをご覧ください。
http://www.rolanddg.co.jp/se2015.html


■Global SE Awards 2015 世界大会の概要
日時:2015年10月20日(火)〜22日(木)
場所:静岡県浜松市北区新都田1-6-4 ローランド ディー.ジー.株式会社本社

参加SEの出身国・地域:日本・アメリカ・ブラジル・イギリス・イタリア・
           ポルトガル・オランダ・ベルギー・リトアニア・
           ロシア・セルビア・ オーストラリア・
           インドネシア・中国・韓国・台湾・
           アラブ首長国連邦・南アフリカ

<スケジュール>
【1日目:10月20日(火)】
09:30〜 開会式
10:50〜 技能コンテスト(1)・(2) (実技試験)
    (1)プリンター製品のインクジェットヘッドの交換
    (2)製品トラブルからの復旧

【2日目:10月21日(水)】
09:50〜 技能コンテスト(3) (筆記試験)

【3日目:10月22日(木)】
17:30〜 表彰式(浜松八幡宮クスノキクラブにて)


■ローランド ディー.ジー.株式会社について
ローランド ディー.ジー.株式会社は、XYZ軸の制御技術を元に、業務用インクジェットプリンターやカッティングマシンを中心とするカラー事業と、3次元切削加工機や彫刻機を中心とする3D事業を展開しています。カラー事業の分野では、1台のプリンターで、印刷と同時にイラストや文字などの輪郭を切り抜くことができる「Print&Cut」技術の先駆者であり、広告看板を製作するサイン業界などでインクジェットプリンター「SOLJET」「VersaCAMM」シリーズや、カッティングマシン「CAMM-1」「STIKA」シリーズを展開し、世界トップブランドとして市場をリードしています。近年では、幅広い用途での印刷に対応するUV-LEDプリンター「VersaUV」シリーズや、布地への印刷に特化した専用プリンター「Texart」シリーズをラインナップに加え、デジタル印刷の可能性を広げています。
一方3D事業の分野では、「デスクトップ・ファブリケーション(机上工場)」コンセプトの下、人々のイメージをカタチにするデジタルものづくりツールとして、3次元切削加工機「MDX」シリーズや、デジタル彫刻機「EGX」シリーズ、3Dプリンターと切削加工機の組み合わせでプロフェッショナルのものづくりを支援する「monoFab」シリーズなどを展開しています。2010年には、歯科技工用ミリングマシンでヘルスケア業界に参入し、「Easy Shape」ブランドの下、精巧な加工技術とデジタルソリューションで、業界のワークフローを変革しています。

※ 本ニュースリリースに記載の社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

■会社概要
商号  : ローランド ディー.ジー.株式会社
設立  : 1981年5月1日
本社  : 〒431-2103 静岡県浜松市北区新都田1-6-4
代表者 : 取締役会長兼社長 冨岡 昌弘
資本金 : 3,668,700,000円
      東京証券取引所市場第一部上場
URL   : http://www.rolanddg.co.jp/
事業内容: コンピュータ周辺機器の製造および販売
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る