• トップ
  • リリース
  • ローランド ディー.ジー.の歯科技工向けデジタルソリューション「Easy Shape」が「2015年度グッドデザイン賞」を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ローランド ディー.ジー.株式会社

ローランド ディー.ジー.の歯科技工向けデジタルソリューション「Easy Shape」が「2015年度グッドデザイン賞」を受賞

(@Press) 2015年10月06日(火)15時00分配信 @Press

ローランド ディー.ジー.株式会社は、この度、当社が歯科技工向けに提供するデジタルソリューション「Easy Shape(イージーシェイプ)」が、2015年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しましたのでお知らせいたします。

グッドデザイン賞は、人々の暮らしや産業、社会をより豊かなものへと導くことを目的とした総合的なデザインの推奨制度です。評価対象となる「デザイン」は、有形無形を問わず幅広い領域に亘り、工業製品や建築物から、各種サービスやソフトウェア、地域づくりなどのコミュニケーション、ビジネスモデルや研究開発のあり方まで様々な物事が含まれます。デザインを「継続的な創造的思考活動」と定義する点に特徴があり、審査に際しては、新たに生み出された物事の背景にある思想や理念とともに、デザインの目的に対する効果・効用、よりよい社会の実現に向けた創造連鎖の誘因性・影響力などが重視されています。


Easy Shapeは、歯科技工のワークフローに「デジタル化」の価値を提供することで、精巧な補綴物(ほてつぶつ:歯の詰め物や被せ物など)の製作と歯科技工業務の生産性の向上を支援する当社のソリューションブランドです。歯科技工の現場では、デジタル化の進展と補綴材料の進化に伴い、歯型のデジタルデータをもとに、専用のミリングマシンを使って、材料の塊から削り出しで補綴物を製作する方式が注目を集めています。当社がEasy Shapeブランドの下で展開する歯科用ミリングマシン「DWXシリーズ」は、高い加工精度はもちろんのこと、作業机の上に設置できる「デスクトップサイズ」、誰もが簡単に操作できる「使いやすさ」、お手持ちのCAD/CAMソフトウェアやスキャナなどと組み合わせてお使いいただける「オープンシステム」、「導入いただきやすい価格」などのコンセプトが高く評価され、世界中の歯科技工所で活用されています。

グッドデザイン賞の評価委員会は、審査にあたり、Easy Shapeの背景にある思想や理念に着目。主な表彰理由として、「歯科技工士の作業時間の短縮」、「設置スペースや投資コストの課題を抱える小規模技工所への配慮」、「保有する関連機器を有効活用できるオープンシステムコンセプト」、「高品質な補綴物を効率的に製作するプロセスの実現」を挙げています。

受賞に際し、デンタル事業開発マネージャーの細目 拓郎は、「Easy Shapeは、当社が四半世紀に亘って培ってきた3次元切削加工機の技術とコンセプトに、歯科技工所が抱える真の課題を解決したいとの想いを重ねて立ち上げたブランドです。グッドデザイン賞の受賞は、当社が積み上げてきた歴史や精神的支柱としての経営理念、市場課題に対する取り組み姿勢など、デザインの背後にある無形の資産や社風を評価いただけたようで、大変光栄に思っています」と述べ、「DWXシリーズの累計販売台数は本年8月に3,000台を突破し、9月には、新規材料への対応や市場環境の変化を受け、ドライ方式のミリングマシン『DWX-51D』とウェット方式のミリングマシン『DWX-4W』を組み合わせる当社独自の新たなデザインに基づくソリューション、『DRY&WET』の提案を開始しています。今回の受賞を契機に事業や製品に込めるデザインの価値を再認識し、歯科医療市場にさらなる価値を提供していきたいと考えています」と抱負を述べています。

Easy Shapeソリューションの詳細につきましては、下記をご参照ください。
http://www.rolandeasyshape.com/ja_JP


■受賞展への出品
2015年度グッドデザイン賞受賞展に、Easy Shapeブランドの新製品として、新開発のミリングマシン「DWX-51D」を出品いたします。

<受賞展「グッドデザインエキシビション2015(G展)」開催概要>
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
会期:2015年10月30日(金)〜11月4日(水)
時間:10月30日(金) 13:00〜20:00
   10月31日(土)〜11月3日(火・祝) 11:00〜20:00
   11月 4日(水) 11:00〜17:30

受賞展の詳細につきましては、下記をご参照ください。
http://www.g-mark.org/meeting


■グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで59年にわたり、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は40,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。

グッドデザイン賞の詳細につきましては、下記をご参照ください。
http://www.g-mark.org/


■ローランド ディー.ジー.株式会社について
ローランド ディー.ジー.株式会社は、XYZ軸の制御技術を元に、業務用インクジェットプリンターやカッティングマシンを中心とするカラー事業と、3次元切削加工機や彫刻機を中心とする3D事業を展開しています。カラー事業の分野では、1台のプリンターで、印刷と同時にイラストや文字などの輪郭を切り抜くことができる「Print&Cut」技術の先駆者であり、広告看板を製作するサイン業界などでインクジェットプリンター「SOLJET」「VersaCAMM」シリーズや、カッティングマシン「CAMM-1」「STIKA」シリーズを展開し、世界トップブランドとして市場をリードしています。近年では、幅広い用途での印刷に対応するUV-LEDプリンター「VersaUV」シリーズや、布地への印刷に特化した専用プリンター「Texart」シリーズをラインナップに加え、デジタル印刷の可能性を広げています。
一方3D事業の分野では、「デスクトップ・ファブリケーション(机上工場)」コンセプトの下、人々のイメージをカタチにするデジタルものづくりツールとして、3次元切削加工機「MDX」シリーズや、デジタル彫刻機「EGX」シリーズ、3Dプリンターと切削加工機の組み合わせでプロフェッショナルのものづくりを支援する「monoFab」シリーズなどを展開しています。2010年には、歯科技工用ミリングマシンでヘルスケア業界に参入し、「Easy Shape」ブランドの下、精巧な加工技術とデジタルソリューションで、業界のワークフローを変革しています。

※本ニュースリリースに記載の社名、製品名は各社の登録商標または商標です。


■会社概要
商号  : ローランド ディー.ジー.株式会社
設立  : 1981年5月1日
本社  : 〒431-2103 静岡県浜松市北区新都田1-6-4
代表者 : 取締役会長兼社長 冨岡 昌弘
資本金 : 3,668,700,000円
      東京証券取引所市場第一部上場
URL   : http://www.rolanddg.co.jp/
事業内容: コンピュータ周辺機器の製造および販売
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る