• トップ
  • リリース
  • カタリナ マーケティング ジャパン、トレンダーズと提携 PR×SNS×店頭を連動させた販促支援サービスを提供開始

プレスリリース

  • 記事画像1

カタリナ マーケティング ジャパン株式会社

カタリナ マーケティング ジャパン、トレンダーズと提携 PR×SNS×店頭を連動させた販促支援サービスを提供開始

(@Press) 2015年10月05日(月)13時00分配信 @Press

カタリナ マーケティング ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:若林 学、以下 カタリナ)は、「MarTech Company」としてマーケティング×テクノロジーを軸とした事業展開を進めるトレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡本 伊久男、東証マザーズ上場:証券コード6069、以下 トレンダーズ)と提携し、RR施策及びSNS拡散による商品の認知拡大・啓蒙から店頭でのクーポン活用による購買促進までをワンストップで実現する販売支援サービスの提供を開始いたしました。


■トレンダーズとの連携でPR×SNS×店頭を実現
消費財メーカーのマーケティング施策において、オンラインからオフライン(店頭での実購買)への誘導は課題の一つとされています。また、モバイル端末の普及やSNSの浸透に伴う顧客接点のマルチチャネル化により、実購買後にもSNSなどを活用したオンラインでの共有へつなげることが、継続した利用や他者への推薦など更なる効果をもたらすと認知されています。

こうした背景を踏まえ、自社メディアを活用したソーシャルマーケティング事業を展開し、その分析力に強みを持つトレンダーズとプラットフォームを横断した提携をすることで、認知獲得から店頭での購買まで一気通貫した新たな販売支援サービスの提供を開始いたしました。

カタリナが運営するポイント還元型サービス「カタリナ」では、登録したユーザーがクーポンを選択し、その商品をスーパー・ドラッグストアなどの店頭で購入するとポイントが付与されます。

トレンダーズの強みであるPR施策とSNS拡散により商品に関心を持った消費者を、この「カタリナ」に誘導することで、スムーズな商品トライアルを促進することが可能となります。

<トレンダーズ運営サイト「ソーシャルトレンドニュース」URL>
http://social-trend.jp/
<ポイント還元型アプリ「カタリナ」URL>
https://cwallet.catalinacoupons.jp/


■クーポンアプリ「カタリナ」の仕組み
「カタリナ」は、小売店の会員カード情報と連携しており、メーカーからの依頼で掲載するクーポンを消費者がアプリ上で選択し、小売店で対象の商品を購入すると、POSデータと紐づき、クーポン内容に応じたポイントが会員カード(システム)にポイントとして還元される仕組みです。


■カタリナ マーケティング ジャパン株式会社について
カタリナは、消費財メーカーと小売チェーンのビジネスを向上させるグローバルなターゲット・マーケティング・サービス専門企業です。当社が提供するPOSと連動した店頭メディア「カタリナ・ターゲット・メディア」を活用したマーケティングソリューションでは、国内の食料品売り上げ規模の約5割を網羅する37のチェーンを対象に、毎週8,500万人以上のレジ通過者に「レジ・クーポン(R)」を直接配布できるネットワークを有しています。これを通じて膨大なデータを読み解き、的確な消費者へ、的確なタイミングで、適切なメッセージを直接お届けしながら、消費者の嗜好性やニーズ、購買動向を把握できることが当社の強みです。


■会社概要
会社名 : カタリナ マーケティング ジャパン株式会社
      (Catalina Marketing Japan K.K.)
所在地 : 東京都港区虎ノ門二丁目2番1号 JTビル15階
代表者 : 代表取締役社長 若林 学(ワカバヤシ ガク)
設立  : 1999年7月13日
URL   : http://www.catmktg.co.jp/
事業内容:
日本全国のGMS/SM/ドラッグストアの店頭において、POS連動の店頭メディア「レジ・クーポン(R)」やクーポンサイト「クーポン ネットワーク」及びクーポンアプリ「カタリナ」を活用したターゲット・マーケティング戦略の企画・立案・実施・効果検証

※レジ・クーポン、クーポンネットワークはカタリナ マーケティング ジャパン株式会社の登録商標です。
※その他、このプレスリリースに掲載されている会社名及び製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る