プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

一般社団法人 全日本シーエム放送連盟

「2015 55th ACC CM FESTIVAL」総務大臣賞・ACCグランプリが決定

(@Press) 2015年09月25日(金)18時00分配信 @Press

一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(所在地:東京都港区、理事長:高田 坦史、通称:ACC)は、日本最大級の広告賞が授与される「2015 55th ACC CM FESTIVAL」において、フィルム部門・ラジオCM部門・ME(※)部門・インタラクティブ部門の中から5作品がグランプリに決定いたしました。
また、詳細につきましては添付資料「受賞作品一覧」にてお知らせいたします。

(※)ME:マーケティング・エフェクティブネス


■総務大臣賞・ACCグランプリ結果
<フィルム部門>
Aカテゴリー(テレビCM)……東海テレビ/自社キャンペーン/総集編(2)
Bカテゴリー(Online Film)…OK Go+Honda/I Won't Let You Down.

<ラジオCM部門>
サントリーホールディングス/サントリービール/Beer-lingual

<ME部門>
メルセデス・ベンツ日本(ニホン)/GLAクラス/GO!GLA

<インタラクティブ部門>
アミューズ/ユニバーサルミュージック合同会社/
Perfume at SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)


■「2015 55th ACC CM FESTIVAL」の受賞結果について
「2015 55th ACC CM FESTIVAL」では、応募期間2015年6月1日(月)〜6月30日(火)(一部延長)内で、2,609点の作品を応募いただきました。

<応募作品数の内訳>
フィルム部門:1,733点(昨年本数/旧テレビCM部門1,455本、昨年比122%)、ラジオCM部門:587点(昨年本数/535本、昨年比110%)、ME部門:69点(昨年本数/55点、昨年比125%)、インタラクティブ部門:180点(昨年本数/昨年233点、昨年比77%)

<「2015 55th ACC CM FESTIVAL」について>
本フェスティバルは1961年に創設された、わが国で最も規模が大きく、最も権威のあるCMコンクールとして知られています。各部門の最終全国審査会を9月初旬〜中旬に実施し、それぞれの分野で日本を代表する審査員が厳正な審査を行いました。


■各部門での他受賞作品について
<フィルム部門>
Aカテゴリー「地域賞」には、「北海道地域のサッポロ不動産開発/サッポロファクトリー・クリスマスイベント/HAPPINESS SHOT!60秒篇」をはじめ、計7地域で各々「地域賞」が選ばれました。
また、演技力が評価される「演技賞」は、松田翔太氏、桐谷健太氏、濱田岳氏、有村架純氏、菜々緒氏(au/あたらしい英雄シリーズ)、渡辺えり氏(東京ガス/家族の絆・母とは)、草g剛氏(島忠/シマホ企業)、寺田心氏(ACCシルバー:TOTO/NEOREST 菌の親子)、赤井英和氏(健康コーポレーション/ライザップ)、タモリ氏(サントリーホールディングス/BOSS)が見事獲得しました。
その他、「au/あたらしい英雄シリーズ」や「三井不動産/タイムスリップ!堀部安兵衛」を演出した浜崎慎治氏に「ディレクター賞」が贈られました。

<ラジオCM部門>
ラジオCM部門では、カープの選手達「広島東洋カープ/カープ集客告知(ACCシルバー)」と、大泉洋氏、森絵里佳氏「淡麗グリーンラベル/イインダヨ!2015!/誰だよ」に「タレント賞」が贈られました。
また、優れた作品を手掛けた29才以下の主制作者に「Under29賞」を今年度から贈ることに決まりましたが、今回は森昭太氏「レイコップ/今言う事じゃない他4編」の他に8氏が受賞致しました。

<インタラクティブ部門>
インタラクティブ部門では、「審査員特別賞〜敢闘賞〜」に「NEWSY/しらべぇ/日本初のデータニュースサイト「しらべぇ」創刊」、「審査員特別賞〜イラストレーション賞〜」に「ソニー・ミュージックレーベルズ/三戸なつめ「前髪切りすぎた」/三戸なつめ「前髪切りすぎた」のMV作りすぎた」、「審査員特別賞〜共感賞〜」に「サイボウズ/企業広告/働くママたちに、よりそうことを。」がそれぞれ選ばれました。
また、「Yahoo!JAPAN/ヤフートレンドコースター」のサクーシャ氏に「テクニカルディレクター賞」が贈られるなど、各クラフト賞も決定いたしました。

<小田桐昭賞>
CMの企画力、アイディアのチカラを持つ「制作者個人」へエールを送るため、クリエイターズ殿堂受賞者であり、CMプランナーという日本にしかない職業を創始し発展させた歴史的存在である小田桐昭氏の名前を冠した、フィルム部門「小田桐昭賞」が2013年に制定されましたが、今年は「英進館/中学部/歩く男他2篇(ACCシルバー)」の制作者である、村田俊平氏に贈られることとなりました。


■贈賞式・記念パーティについて
業界関係者様に向けて、総務大臣賞・ACCグランプリをはじめとする入賞作品の贈賞式・記念パーティを開催いたします。また、入賞作品につきましては東京発表会を足掛かりに全国30ヶ所で上映、公開いたします。
※全入賞作品に関しては追ってホームページに掲載いたします。
※参加申込や詳細につきましては、「詳細URL」をご参照ください。

<開催概要>
場所  :ANAインターコンチネンタルホテル東京
     東京都港区赤坂1-12-33
アクセス:「溜池山王駅」13番出口より徒歩1分
日程  :2015年10月28日(水)
時間  :贈賞式/13:30〜16:00(予定)
     記念パーティ/16:30〜17:30(予定)

<東京発表会>
場所  :有楽町・朝日ホール
     東京都千代田区有楽町2-5-1
アクセス:JR「有楽町駅」中央口または銀座口スグ
日程  :2015年11月20日(金)
時間  :13:00〜

詳細URL: http://www.acc-cm.or.jp/festival/2015fes/schedule.html


【ACCとは】
一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(All Japan Radio&Television Commercial Confederation)は、CM関係事業者の共通認識の醸成と表現の質的向上を図りながら、視聴者の視点に立ったCMのあるべき姿を追求し、社会的・文化的貢献を目指して活動している、非営利の社団法人です。
ACCは、よいCMの制作と放送の実現に寄与することを目的に設立された公益法人で、広告と放送に関係する広告主・広告会社・制作会社・放送会社の4業種のメンバーで構成され、業種の枠を超えて視聴者の視点、グローバルな視野からCMの発展を推進しています。


【「ACC CM FESTIVAL」とは】
1961年よりテレビ、ラジオCMを対象にした広告賞として、「ACC CM FESTIVAL」を開催しています。2010年には、マーケティング・エフェクティブネス部門、2014年からはインタラクティブ部門も創設されました。
名実ともに、日本最大級の広告賞として広く認知されており、ACCグランプリ(総務大臣賞)は広告関係者の大きな目標となっています。


■連盟概要
一般社団法人 全日本シーエム放送連盟
所在地: 〒105-0003
     東京都港区西新橋2-4-2 西新橋安田ユニオンビル6F
理事長: 高田 坦史
URL  : http://www.acc-cm.or.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る