• トップ
  • リリース
  • TOEFL(R)でチャレンジ!グローバル方式新入試そして留学 「立教大学グローバル教育セミナー」が10月24日開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部

TOEFL(R)でチャレンジ!グローバル方式新入試そして留学 「立教大学グローバル教育セミナー」が10月24日開催

(@Press) 2015年09月29日(火)10時00分配信 @Press

TOEFL(R)テスト日本事務局と海外ボランティア・海外研修などを手がける国際教育交流団体の国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部(所在地:東京都渋谷区、代表:大竹 和孝)は、立教大学と共催で「立教大学グローバル教育セミナー」を10月24日(土)に開催します。

詳細URL: http://www.cieej.or.jp/event/seminar/151024/index.html?p=1024

■立教大学グローバル方式新入試そして留学
立教大学は2016年度一般入試に「グローバル方式」を新設し、いち早く4技能英語検定試験の活用を打ち出しました。
TOEFL(R)テストは、このグローバル方式の入試、その先にある留学で利用できる4技能英語検定試験です。
本セミナーでは「グローバル方式の入試について知りたい」、「TOEFL(R)テストってどんな試験?」などのご質問をお持ちの方や進学後に海外留学を目指す方のお役に立つ情報をお伝えします。


■「立教大学グローバル教育セミナー」概要
日時:2015年10月24日(土) 13:00〜17:00(受付開始12:30〜)
会場:立教大学 池袋キャンパス 5号館1階5121教室
対象:立教大学へ進学を希望・検討中の高校1年生・2年生と保護者
定員:120名(先着順)*定員になり次第、申込受付は終了します。
費用:無料
内容:-立教大学の国際化と新入試(立教大学 塚本 伸一副総長)
   -異文化コミュニケーション学部の学び
    (立教大学 池田 伸子異文化コミュニケーション学部長)
   -【特別授業】「話す」ことからはじまるTOEFL(R)テスト
    (栄光学園中学校・高等学校 教諭 宇佐美 修)
   -4技能英語検定試験 TOEFL(R)テスト説明
    (国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部)
   -立教大学における留学について
    (立教大学 小野田 哲二郎入学センター担当課長)
   -個別相談会
講師:栄光学園中学校・高等学校 英語科教諭/
   ETS Authorized Propell Facilitator 宇佐美 修先生
申込:下記Webサイトより申込フォームに必要事項を入力し送信してください。
http://www.cieej.or.jp/event/seminar/151024/index.html?p=1024
お問合せ先:TOEFL事業部 E-mail seminar@cieej.or.jp


■TOEFL(R)テスト
TOEFL(R)テストは英語能力を評価する試験として、世界の幅広い国で受け入れられているテストです。現在、130ヵ国、9,000以上の機関が導入し、累計3,000万人以上がTOEFL(R)テストを受験しています。TOEFL iBT(R)テストは大学レベルの英語運用能力の測定が可能なテストです。TOEFL(R)テストは、学業において「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を複合的に使用できるかを測定します。


【団体概要】
国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部
Council on International Educational Exchange
代表   : 大竹 和孝
所在地  : 〒150-8355 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山
Webサイト: http://www.cieej.or.jp/
創立   : 1947年本部 アメリカ・ニューヨーク州、
      1965年日本代表部 東京
事業内容 : 米国ETSの委託を受けTOEFL(R)テストの広報活動、TOEFL ITP(R)テストの運営、教材の販売やライティング指導ツールCriterion(R)の提供を行うほか、海外交流事業では、主に大学生を対象とした海外ボランティアプログラム、短大や大学の委託を受け企画・運営している短期海外研修、教職員を対象とした研修などを通して年間約3,000名の派遣や受入を行っています。2015年にCIEE日本代表部設立50周年、海外ボランティアプログラム開始以来20周年を迎えました。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る