• トップ
  • リリース
  • サンダーソフトとNok Nok Labsが戦略的提携 グローバル市場におけるFIDOの発展を推進

プレスリリース

  • 記事画像1

サンダーソフト株式会社

サンダーソフトとNok Nok Labsが戦略的提携 グローバル市場におけるFIDOの発展を推進

(@Press) 2015年09月17日(木)14時30分配信 @Press

世界をリードするスマート端末プラットフォーム技術プロバイダーであるサンダーソフト株式会社(中文名:中科創達軟件股分有限公司、本社:中国北京市、代表取締役社長:趙鴻飛)は、FIDO Allianceの創設メンバーであるNok Nok Labsに投資を行うとともに、同社との全面的な戦略的提携が成立したことを発表しました。


従来、特定のユーザーを認証するための、文字入力によるパスワードは使用コストが低く、簡単で使いやすいため、すでに50年超にわたり広く使用されてきました。しかしながらネット詐欺、トロイの木馬プログラムなどの出現に伴い、これら従来のパスワード方式はだんだんと安全ではなくなっています。生体認証技術の発展、そしてオンラインのユーザー認証技術との融合により、パスワードによる従来の暗号化方式は世代交代の時を迎えようとしています。

ユーザー認証には、ローカルからクラウドまでのトータルソリューションシステムが必要とされます。将来的には、指紋認証技術のほか、虹彩、顔、掌紋などによる生体認証技術も、スマート端末その他の業界において広く応用されるでしょう。FIDOはここ数年急速に普及してきたオンラインユーザー認証基準であり、ますます多くのメーカーの支持を集め始めています。FIDO技術の主な推進団体であるFIDO Allianceも、設立当初のメーカー6社から現在は200を超える提携パートナーを有するまでに発展し、その中にはGoogle、Microsoft、クアルコムなどのトップメーカーも多く名を連ねています。

このほど、サンダーソフト(中科創達軟件股分有限公司)は、FIDO Allianceの創設メンバーであるNok Nok Labsに投資を行うとともに、同社との全面的な戦略的提携が成立したことを発表しました。その目的は、より効果的でより便利なFIDO技術の推進についてグローバル市場での協力を行い、セキュリティ認証に対する企業及び消費者の日増しに高まるニーズを満足させることです。
サンダーソフトは世界をリードするスマート端末プラットフォーム技術プロバイダーであり、モバイルオペレーティングシステム及びアプリケーションの開発分野において豊富な経験と、トップレベルのモバイルセキュリティ技術を有しており、現在はオンラインユーザー認証技術分野に取り組んでいます。

「Nok Nok LabsとFIDO Allianceはこれまでグローバル市場におけるオンラインユーザー認証の発展を推進してきており、我々としてはこれからのFIDO技術の発展を非常に有望視しています。我々はNok Nok Labsとの提携を通じ、双方の技術的な強みを融合することで、顧客がより迅速にFIDO技術を導入し、今現在直面しているセキュリティ問題を解決する助けとなることができれば、と考えています。」とサンダーソフトのCEO、Larry Gengは述べています。

「我々はより安全で、より手軽に使用できるオンラインユーザー認証としての生体認証システムを必要としており、これはすでにグローバルな課題となっています。サンダーソフトは我々の重要な提携パートナーであり、彼らのスマート端末技術分野での蓄積は我々の持つ技術と非常に相補的なものです。両社の提携により、FIDOの普及をさらに迅速に推進することができると信じています。」とNok Nok Labsの社長兼CEO、Phil Dunkelbergerと述べています。


■Nok Nok Labs社について
2011年に米国のシリコンバレーにて設立されたNok Nok Labsの創業メンバーは主に、PGP、Netscape、PayPalなどの有名企業に属する生体セキュリティ認証分野の経験豊富な業界専門家であり、同社はネットワークセキュリティに関するプロトコル及び製品の枠組みの構築に力を入れてきました。Nok Nok Labsは2014年6月に中国市場に参入し、中国の多数の有名企業と強力な提携を行って、セキュリティ認証に対する企業及び消費者の日増しに高まるニーズを満足させるため、オーダーメイドソリューションを提供しています。


■サンダーソフト株式会社について
サンダーソフトは、グローバルリードしたスマートデバイスプラットフォームプロバイダーであり、リードした技術、製品とサービスを提供することにより、機器メーカー様の製品個性化の向上と迅速な市場戦略をサポートしています。モバイルOS領域におけるエキスパートとして、サンダーソフトは、チップセットベンダー、ハードウェアコンポーネントベンダーから、機器メーカー様、キャリアとアプリ開発者まで、幅広い産業チェーンにおける先端企業と戦略的な協業関係が築いています。サンダーソフトは、これらの深い産業チェーンとの連携を通じて、世界をリードするソリューションをお客様へご提供します。
サンダーソフトは、北京を本社として、南京、成都、西安、杭州という四つのR&Dセンター、上海、深セン、香港、台北、ソウル、東京、北米という七つのサポートセンターを擁しております。

本社名 : 中科創達軟件股分有限公司
      (Thunder Software Technology Co., Ltd.)
設立年月: 2008年3月
資本金 : 7,000万人民元
代表者名: 趙鴻飛
所在地 : 4floor,Taixiang Building 1A#
      Longxiang Road Haidian District Beijing,China,100191
連絡先 : (86)10-62662686
URL   : http://www.thundersoft.com

日本支社: サンダーソフトジャパン株式会社
設立年月: 2009年2月
資本金 : 1億2,000万円
代表者名: 代表取締役社長 今井 正徳
所在地 : 〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング4F
連絡先 : 03-6417-9366
URL   : http://www.thundersoft.com/index.php/Index/index/lang/en
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る