• トップ
  • リリース
  • 京セラTCLソーラー合同会社による「鳥取・米子メガソーラー発電所」 (約29.2MW)の建設開始について

プレスリリース

京セラTCLソーラー合同会社による「鳥取・米子メガソーラー発電所」 (約29.2MW)の建設開始について

(@Press) 2015年09月11日(金)15時30分配信 @Press

京セラTCLソーラー合同会社(本社:東京都千代田区)は、鳥取県米子市において「鳥取・米子メガソーラー発電所」の建設を本日9月11日より開始しますのでお知らせいたします。
本発電所は、出力規模約29.2MW、年間予想発電量は約3,608万kWh(一般家庭約11,000世帯分の年間電力消費量に相当※1)となる見込みで、2018年3月の完成を予定しています。また、建設予定地は、閉鎖されたゴルフ場跡地を含む遊休地で、土地の有効活用が望まれていました。
京セラTCLソーラー合同会社は、2012年8月の設立以来、これまでに全国で27ヵ所、合計約49.1MW※2の太陽光発電所を稼働・運営しています。
今後も太陽光発電事業を通じ、再生可能エネルギーの普及・促進に資するとともに、地球環境保全ならびに循環型社会の形成に貢献してまいります。

■「鳥取・米子メガソーラー発電所」の概要
所在地     : 鳥取県米子市淀江町
事業主     : 京セラTCLソーラー合同会社(東京都千代田区)
設計・施工   : テス・エンジニアリング株式会社(大阪府大阪市)
出力規模    : 約29.2MW
太陽電池設置枚数: 270Wの京セラ製太陽電池モジュール 108,504枚
年間予想発電量 : 合計約3,608万kWhの見込み
          (一般家庭約11,000世帯分の年間電力消費量に相当※1)
売電先     : 中国電力株式会社
スケジュール  : 着工:2015年9月11日、稼働:2018年3月(予定)

■「京セラTCLソーラー合同会社」の概要
社名  : 京セラTCLソーラー合同会社
所在地 : 東京都千代田区
株主  : 東京センチュリーリース株式会社(81%)
      京セラ株式会社(19%)
設立年月: 2012年8月
事業内容: 太陽光発電による売電事業

※1. 1世帯当り3,254.4kWh/年で算出 出典:電気事業連合会『原子力・エネルギー図面集2015』
※2. 2015年8月末時点

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る