• トップ
  • リリース
  • カラーネガフィルム「フジカラー F-II400」が国立科学博物館「重要科学技術史資料」に登録

プレスリリース

  • 記事画像1

富士フイルム株式会社

カラーネガフィルム「フジカラー F-II400」が国立科学博物館「重要科学技術史資料」に登録

(@Press) 2015年09月04日(金)18時00分配信 @Press

富士フイルム株式会社が1976年に発売したカラーネガフィルム「フジカラー F-II400」が、独立行政法人国立科学博物館(以下、国立科学博物館)により、「重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)」に登録されました。

◆カラーネガフィルム「フジカラー F-II400」が国立科学博物館「重要科学技術史資料」に登録の詳細は、富士フイルムのWebページをご覧下さい。
  ⇒ http://fujifilm.jp/information/articlead_0357.html?link=atp31

「重要科学技術史資料」の登録制度は、「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ科学技術史資料」及び「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えた科学技術史資料」の保存と活用を図り、科学技術を担ってきた先人たちの経験を次世代に継承していくことを目的として、国立科学博物館が2008年より実施しています。

富士フイルムは、1976年10月に、世界初の高感度(ASA400(*1))を実現したカラーネガフィルム「フジカラー F-II400」を発売しました。それまでのカラーネガフィルムに対し、感度を4倍に引き上げることに成功した画期的な製品です。
カラーネガフィルム「フジカラー F-II400」の登場により、それまではストロボが無ければ撮影できなかった室内でも明るく撮れるようになり、また、シャッタースピードを4倍速くすることで手振れを解消するなど、屋内・屋外を問わずストロボなしで、失敗の少ない美しい写真が撮れるようになりました。カラー写真の撮影領域が大幅に拡大されたことに加え、日本メーカーである当社が、欧米メーカーに先駆けてASA400のフィルムを開発・発売できたことが高く評価され、今回、「重要科学技術史資料」に登録されました。
*1 フィルムの感度を示す数値。ASAは米国標準規格。現在は国際標準規格のISOで表記される。(ASA400はISO400)

<関連リンク>
富士フイルムの研究開発・技術
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/rd/index.html?link=atp31
フィルム製品ラインアップ
  ⇒ http://fujifilm.jp/personal/filmandcamera/film/index.html?link=atp31
富士フイルム製品ご愛用者さま向けサポートサイト「My FUJIFILM(マイフジフイルム)」
  ⇒ https://my.fujifilm.jp/member/contents/top?link=atp31
カメラ・写真用品のショッピングサイト「FUJIFIML MALL(フジフイルムモール)」
  ⇒ http://fujifilmmall.jp/shop/?link=atp31
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp31
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp31
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る