• トップ
  • リリース
  • KLab Ventures投資先のラングリッチ、米国最大手のオンライン英語学習サービス運営のイングリッシュセントラルと事業統合

プレスリリース

  • 記事画像1

KLab Ventures株式会社

KLab Ventures投資先のラングリッチ、米国最大手のオンライン英語学習サービス運営のイングリッシュセントラルと事業統合

(@Press) 2015年09月04日(金)14時30分配信 @Press

KLab Ventures株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:長野 泰和)は、当社の投資先である、オンライン英会話サービスを提供するラングリッチ(本社:シンガポール、日本法人代表:安藤 航)と英語学習サイト『EnglishCentral』を提供するイングリッシュセントラル(本社:米国ボストン州、日本法人代表取締役社長:松村 弘典)が事業統合したことを発表いたします。これによりラングリッチは200万人の学習者にオンラインレッスンを提供するグローバルサービスとなります。

<イメージ図>
https://www.atpress.ne.jp/releases/72823/img_72823_1.jpg


■事業統合の目的及び今後の展望
イングリッシュセントラルは最先端の技術とグローバルな動画を使ってゲーム感覚で手軽に楽しみながら自己学習を行うオンライン学習サービスです。世界中で研究されている第二言語習得理論と最新のITをフル活用して実装した仕組みは、語学教育の専門家から絶大な支持を受けています。2010年にGoogle Ventures、NTTグループほか国内外著名ベンチャー投資家から資金調達を行った後にAndroid OSの創始者を経営陣に迎え、国内200大学、世界中で4万人を超える登録教師のもと、200万人の学習者にサービスを提供してきました。

ラングリッチは業界の黎明期から市場を牽引してきたSkype英会話大手です。300を超えるレベル分けされた学習用教材と、フィリピンのセブ島に強固な通信環境のオフィスを構え、厳しい面接と研修をパスした直接雇用の講師陣には定評があり、リクルート「英会話サプリ」にも採用されています。

統合後のイングリッシュセントラルとラングリッチは、以下の資産を活用しながら事前学習から実際の会話まで、英語学習に必要な要素を全て詰め込んだ総合オンライン英語学習サービスを提供し、世界一のオンライン英語学習企業を目指します。

・最先端の技術と世界標準の語学教授法を取り込んだ自習学習プラットフォーム

・高品質の講師陣を支える現地オペレーションの仕組みと安定したオンライン英会話インフラ

・10万人の月間アクティブ課金ユーザーを含む200万人のユーザー

・ケンブリッジ大学出版局、成美堂ほか著名出版社からのスタンダード学習教材

・1万本を超える実践的な動画学習教材

・2億回以上使われてきた音声認識を含む、英語学習者の英語学習ビッグデータ


■イングリッシュセントラル会社概要
会社名  : EnglishCentral,Inc.
サイト  : http://ja.englishcentral.com
設立   : 2009年9月
代表者  : 代表取締役 アラン シュワルツ
所在地  : 5 Water Street,Arlington,MA 02476

日本法人 : 東京都台東区花川戸1-2-10 ハヤカワビル4F
代表者  : 代表取締役社長 松村 弘典


■ラングリッチ会社概要
会社名  : Langrich Holdings Pte.Ltd.
サイト  : http://www.langrich.com
設立   : 2010年4月
所在地  : 80 ROBINSON ROAD #10-01A SINGAPORE(068898)

日本法人 : 東京都港区元麻布3-1-35 c-MA3ビルA棟B2F
代表者  : 代表 安藤 航


■KLab Venturesについて
会社名  : KLab Ventures株式会社
URL    : http://www.klabventures.jp/
代表者  : 代表取締役社長 長野 泰和
設立   : 2011年12月1日
所在地  : 〒106-6122 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
事業内容 : スタートアップ、アーリーステージの
       インターネット企業を対象としたVCファンドの運営


※記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る