• トップ
  • リリース
  • 幼稚園園舎では、全国的にほぼ類を見ない木造耐火建築物を実現

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社川本建築設計事務所

幼稚園園舎では、全国的にほぼ類を見ない木造耐火建築物を実現

(@Press) 2015年09月04日(金)14時00分配信 @Press

株式会社川本建築設計事務所(本社:広島県廿日市、代表取締役社長:八納 啓造、以下:川本建築設計事務所)は、広島県安芸郡府中町に建設した「りゅうせん幼稚園」で、日本の幼稚園・保育園施設ではほぼ類を見ない木造2階建ての耐火建築物の園舎を竣工いたしました。

幼稚園園舎2階建てになると耐火建築物にすることが必須です。その為、ほとんどの2階建て園舎は鉄骨や鉄筋コンクリート造で耐火建築物を造ってきました。
この度採用した木造耐火構造は、一般社団法人 日本木造住宅産業協会の大臣認定工法です。2015年3月時点では、幼稚園施設で木造耐火を採用した事例がまだなく、全国的にもほぼ類を見ない事例となっています。

さらにこの園舎では、木造の特性を生かした「高断熱・高気密」工法を採用し、次世代省エネルギー基準の約1.8倍の省エネルギー性能を持たせております。これも、幼稚園・保育園施設の省エネルギー性能として、全国的に類を見ないものです。


2015年夏現在、2年前に比べると鉄筋コンクリート造で約1.3〜1.5倍、鉄骨造で、1.3倍〜1.4倍と建設費が高騰している中、木造は地産池消ということもあり、建設費の高騰率が1.1倍〜1.15倍程度で推移しています。そのため、鉄筋コンクリート造や鉄骨造の施設の入札が不調に終わるケースが増えていることもあり、木造による施設建設にも注目が集まっています。


広島県・山口県の幼稚園・保育園関係の経営者の36法人合計60名の方が、「りゅうせん幼稚園」の視察に訪れた際には、下記のような感想をいただきました。

「屋内の温度湿度ともとても快適に感じる」
「木の香りがして気持ちがいい」
「月々3万円光熱費が下がっているのはとても魅力的」
「現在計画中の施設が予算オーバーしそうなので、木造を活用する方法が知れてよかった」


現在、川本建築設計事務所には、幼稚園・保育園施設をはじめ、福祉施設関係者からの木造施設の問い合わせを多くいただいております。


■会社概要
社名 : 株式会社川本建築設計事務所
代表者: 代表取締役社長 八納 啓造
所在地: 〒739-0441 広島県廿日市市大野原1丁目5-12
資本金: 1,000万円
URL  : http://mka-design.com/index.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る