• トップ
  • リリース
  • 東京電力 元執行役員の巻口 守男氏が副社長に就任 〜9月1日から電力自由化に関するQ&A連載を開始〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

エネチェンジ株式会社

東京電力 元執行役員の巻口 守男氏が副社長に就任 〜9月1日から電力自由化に関するQ&A連載を開始〜

(@Press) 2015年09月01日(火)17時30分配信 @Press

電気料金比較サイト「エネチェンジ」( https://enechange.jp/ )を運営するエネチェンジ株式会社(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:有田 一平、以下 エネチェンジ社)は、東京電力株式会社(以下 東京電力)元執行役員の巻口 守男氏が2015年7月1日付で同社副社長に就任したことを報告します。

巻口氏は、電力業界で培った知見・人脈をエネチェンジ社に活かし、2016年の電力自由化に向けて、エネチェンジ社の営業体制、情報発信戦略を主導していきます。その一環として9月1日より、「巻口守男のよくわかる電力自由化Q&A」の連載をエネチェンジ上で開始し、第一回として「停電したり、電力会社によって電気が使えなかったりするの?」( https://enechange.jp/articles/liberalization-faq-1 )という疑問にお答えしていきます。


■巻口 守男氏 略歴
1974年 東京工業大学修士課程機械工学科 修了
1974年 東京電力 入社
2005年 東京電力 執行役員就任
2007年 日本原子力防護システム 専務取締役就任
2008年 日本原子力防護システム 代表取締役社長就任
2015年 日本原子力防護システム 退任
2015年 エネチェンジ株式会社 副社長就任(2015年7月)


■「巻口守男のよくわかる電力自由化Q&A」とは
消費者の生活を大きく変える電力自由化ですが、消費者の目からはまだわかりづらい部分が多くあります。そんな電力自由化に対して寄せられる、「電力自由化すると、停電が増えたりするの?」、「電力自由化すると、電気代が安くなるの?」、「なぜいま電力自由化が必要なの?」といった疑問・質問に対し、エネチェンジ社副社長の巻口 守男が、電力業界で培った知見をもとに、わかりやすく丁寧に答えていく連載コンテンツです。


■巻口 守男氏のコメント
お客様が、自分で自由に電力会社を選べる時代を迎え、安心して、信頼できる会社を簡便に選んでいただけるようにエネチェンジ社は取り組んでいます。私は、お客様に安心・信頼を確認していただくために、電力自由化についての疑問・不安について、当社Q&A連載を通じ、お話をさせていただきたいと思っております。電力自由化がお客様皆様の日常になるよう情報の発信に努めます。


■電気料金比較サイト「エネチェンジ」とは
「エネチェンジ」は、累計200万人以上もの訪問者数を誇る、日本初、国内最大級の電気料金比較サイトです。エネチェンジの電気料金診断は、電気のご利用状況について簡単な質問に答えていただくだけで、利用者の家庭に最適な電気料金プランをおすすめし、新しい電気料金プランへの変更の手続き手順までを案内するサービスです。2014年8月のサービス開始以来、平均で、年間約13,000円の節約プランを提案しております。診断アルゴリズムは、当社が保有する独自の電力消費のビッグデータをもとに構築しております。「エネチェンジ」では、2016年の電力小売全面自由化により、一般家庭でも電気の購入先を自由に選べる時代がくることを見据え、公平で中立的な電気代節約方法を今後も提供してまいります。


■エネチェンジ株式会社とは
電力自由化を見据えて、「電気を選ぶ」を常識とするため、電気料金比較サイト「エネチェンジ」を運営しております。

所在地 :〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目1-3 オリナスタワー12階
設立  :2015年4月
     (エネチェンジの運営は英国法人の事業部として
      2013年12月より開始、2015年4月に日本法人として独立)
代表者 :有田 一平(代表取締役社長)
事業内容
 ・電気料金比較サイト「エネチェンジ」の運営( https://enechange.jp )
 ・電力データの統計・データマイニング
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る