• トップ
  • リリース
  • ユビキタス、米国シリコンバレーに初の海外拠点を設立 IoT、先端技術のリサーチを対象に、9月14日に活動開始

プレスリリース

株式会社ユビキタス

ユビキタス、米国シリコンバレーに初の海外拠点を設立 IoT、先端技術のリサーチを対象に、9月14日に活動開始

(@Press) 2015年08月31日(月)13時00分配信 @Press

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、以下 ユビキタス社)は、米国シリコンバレー地域にUbiquitous Silicon Valley Innovation Center(USIC)を開設し、2015年9月14日に活動を開始します。米国でのIoTをはじめとした先端技術のリサーチを対象とし、ユビキタス社の海外初の拠点となります。

詳細URL: http://www.ubiquitous.co.jp/news/press/20150831_p2162.html


世界の最先端技術の発信地域である米国シリコンバレーでの最新情報や、ベンチャー企業との情報交換や協業、事業提携の検討を通じて、ユビキタス社が注力しているIoT(Internet of Things:モノのインターネット)関連事業の成長の加速と新規事業の創出を目指します。また、スマートカーやスマート家電、情報機器などの起動を高速化する「Ubiquitous QuickBoot」をはじめ、ユビキタス社の製品、技術への問い合わせが増加していることから、米国をはじめとした、海外での事業拡大の検討も合わせて行ってまいります。

なお当拠点の開設に当たりジェトロの日本発知財活用ビジネス化支援事業である「JETRO Innovation Program」の審査を通過したことにより、様々なサポートをいただき早期の立ち上げを行っていく予定です。


■概要
正式名称:Ubiquitous Corporation Silicon Valley Innovation Center
     (略称:USIC)
開設日 :2015年9月14日
所在地 :Ubiquitous Corporation
     425 Broadway Street,Redwood City,CA 94063
所長  :間中 信一(取締役 研究開発本部長)
業務内容:米国での先端技術、ビジネスの調査研究
     業務提携、協業パートナーのリクルート
     米国での事業活動の検討


■株式会社ユビキタス(証券コード3858)について
ユビキタス社は、2001年に創業された組込み機器向けを中心としたコンピュータソフトウェアの開発・ライセンスを行う企業です。ユビキタス社会において必要となる、ネットワーク関連(ホームネットワーク関連・暗号技術を含む)、データベース、システムの高速起動技術、IoT(Internet of Things)時代に向けたクラウドプラットフォームなどの多数のソフトウェアとサービスを提供しております。他と差別化された製品群で、ユビキタス社会の要請に応えます。


■投資家の皆様へ
本プレスリリースは、ユビキタス社の定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。ユビキタス社の業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信・マイルストーン開示などをご参照ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る