プレスリリース

中国民生銀行との戦略アライアンス契約締結について

(@Press) 2015年09月01日(火)09時30分配信 @Press

日本ATM株式会社(代表取締役社長:中野 裕、以下 日本ATM)は、中国の民間銀行でトップクラスの中国民生銀行股フン(※)有限公司(董事長:洪崎、以下 中国民生銀行)と、中国におけるATM関連業務に関する戦略アライアンス契約を2015年8月20日締結いたしました。
(※ 「フン」はにんべんに分の字。「股フン有限公司」は中国語で「株式会社」という意味です。)」


本契約は、中国民生銀行が中国金融自由化の中で、効率的かつお客さまサービス品質を重視したATMサービスネットワークを構築するにあたり、日本ATMが有するATM関連業務の運営ノウハウを活かし、その構築をサポートすることを目的としたものです。

中国民生銀行は、日本流のATM運用手法やビジネスモデルが今後中国国内にも普及していくと考え、日本国内で豊富なノウハウを持つ日本ATMを戦略的パートナーとして選定し、両社は共同でATM業務運用合弁会社を立ち上げます。まずは、中国の武漢に新しくATMオペレーションセンターを設立し、2016年4月より日本と同様の(*)ATM監視業務を開始いたします。さらに2017年以降には、他の中国国内金融機関に共同運営型ATMサービスを提供するなど、幅広くビジネスを展開していくことも展望しております。

日本ATMは、今回のアライアンス契約締結を通じて、中国の金融業界の発展に貢献すると共に、これを機にグローバル市場へ展開、ATMを利用する世界の人々に、安心で快適な日本流「おもてなし」のATMサービスを提供してまいります。

(*) 海外では、カード詰まりなどのATM故障時には、お客さまに係員が到着するまで待っていただくのが一般的ですが、日本においては、お客さまにお電話で本人確認を行ったうえで、センターからATMを遠隔操作しキャッシュカードなどの返却を行うことができます。また、お客さまに不快な思いをさせないよう、電話応対するオペレーターに十分な接遇教育を行うなど、高品質なお客さま応対を実現しています。


■中国民生銀行股フン有限公司の概要
本店所在地: 北京市西城区復興門内大街2号 中国民生銀行ビル
代表者  : 董事長 洪崎
設立   : 1996年
業種   : 銀行業
資産   : 4,015,136(百万元)
純資産  : 240,142(百万元)
利益   : 44,546(百万元)
従業員数 : 約59,659人(2015年)
支店数  : 7,500支店
ATM台数  : 自動機合計16,036台、内現金類設備12,377台、
       非現金類照会機3,659台
URL    : http://www.cmbc.com.cn/

■日本ATM株式会社
本社所在地: 東京都港区浜松町1-30-5 浜松町スクエア8階
代表者  : 代表取締役社長 中野 裕
URL    : http://www.atmj-g.com/


※リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますのであらかじめご了承下さい。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る