• トップ
  • リリース
  • アサヒビール株式会社が収益性と顧客満足度の向上にAPTの『Test & Learn(R)』ソフトウェアを活用

プレスリリース

アプライド・プレディクティブ・テクノロジーズ

アサヒビール株式会社が収益性と顧客満足度の向上にAPTの『Test & Learn(R)』ソフトウェアを活用

(@Press) 2015年08月31日(月)11時00分配信 @Press

アプライド・プレディクティブ・テクノロジーズ(APT)は、本日、ビールメーカーとして日本国内最大の市場シェアを誇るアサヒビール株式会社と、APTのソフトウェア『Test & Learn(R)』のライセンス契約を締結したことを発表いたします。

創業100年を超えるアサヒビール株式会社は、「アサヒスーパードライ」など世界的なビールブランドの醸造を手掛けるメーカーです。今後APTのソフトウェアは、アサヒビール株式会社の営業、マーケティング、価格設定、販売業務などにわたる重要な施策を特定、測定、改善するために活用されます。アサヒビール株式会社は既に、自社と取引のある飲食店事業会社とのよりきめ細かな協力体制の構築にAPTのソフトウェアを活用した提案を始めています。
APTはITサービス企業の伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と協業しながら、アサヒビール株式会社に『Test & Learn(R)』ソフトウェアのパイロット導入を行いました。このパイロット導入において、アサヒビール株式会社は複数の有望な施策の分析に成功しています。


アサヒビール株式会社の営業本部 業務用統括部 部長である小野里 俊哉氏は、次のようにコメントしております。
「お客様の売上・利益向上の提案等の課題解決支援が我々の大命題です。重要なのは、どういった施策が効果をもたらすのか見極め、勝ちパターンを見つけ出すことです。お客様の要望に対し、どのような提案が課題解決につながるのかを把握するには、これまで結果を見ることでしか判断することができませんでした。しかし、APTソフトウェアを活用することで事前に施策の結果を予想することができ、提案内容の精度向上が可能になります。例えば、当社のお客様である大手外食企業様において、ビールメニューに関する新たな施策の結果をAPTソフトウェアを活用し検証してみると、この施策がお客様にとって意図したような利益向上につながらず、そして、ビールの総販売量を減少させることが分かりました。この結果に基づき、この施策の導入を見合わせ、一部の店舗で別の施策をテスト展開することをご提案しました。その結果新しい施策はお客様にとっても弊社にとってもプラスになることが分かり、全社的にこの施策を実施する方向で話を進めることができました。APTソフトウェアの活用により大幅な利益改善機会を特定し、この外食企業様との協力関係を強化することができました。」


APTのシニアバイスプレジデント及川 直彦は、こうした協力関係について次のようにコメントしております。
「革新性と分析力に優れたアサヒビール株式会社様のチームとご一緒させていただけることを非常に光栄に思います。今後も、アサヒビール株式会社様とお取引されている各社様がデータ主導型アプローチを活用して意思決定が行えるよう、サポートさせていただきます。」


APTのクライアントは幅広い業種にわたり、ザ コカ・コーラ カンパニー、ケロッグ、プロクター・アンド・ギャンブル、コスタ・コーヒー、KFC UK、ピザハットなど、世界的なメーカーや飲食店が名を連ねています。これらの企業では、販売店向け営業、サンプリング、マーケティングから、メニューのマーケティング、プロモーション、オペレーションの変更に至るまで、多岐にわたる施策の分析にAPTのソフトウェアを活用しています。
APTのソフトウェアについての詳細は http://aptjapan.co.jp をご覧ください。


【アサヒビール株式会社について】
アサヒビール株式会社は、心のこもった行動を通じて、お客様の満足を追求し、世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献します。
また同社は、「アサヒスーパードライ」をはじめとする、主力商品のブランド強化に重点を置いています。飲食店で提供する生ビールの品質向上と店舗で販売する商品の鮮度向上というこれまでの取り組みに加え、国内消費市場で一年を通して様々な販売促進活動を実施する予定です。これらの取り組みを継続することで、ビール類をはじめとする酒類市場全体の活性化を目指してまいります。


【APTについて】
APTはクラウドベースの分析ソフトウェアを手掛けるリーディングカンパニーであり、クライアント企業が迅速かつ正確にビジネス施策とその成果との間の因果関係を測定し経済価値を創出できるようサポートしています。独自のソフトウェア『Test & Learn(R)』は、直感的な操作で大量のデータを分析する洗練されたアルゴリズムを備えており、これによりビジネスリーダーが自ら指揮して実験を行い、最適な意思決定とビジネス施策の改善をよりよい形で実行することができます。また、トランザクション分析、スペースプランニング、カテゴリマネジメント、店舗ネットワークプランニングといった特定のビジネスのニーズに特化した意思決定ツールも提供しています。
APTのクライアントには世界的に名の知られた企業が名を連ねています。ウォルマート・ストアーズ、ファミリーマート、スターバックス・コーポレーション、マクドナルド、サブウェイ、すかいらーく、ザ コカ・コーラ カンパニー、プロクター・アンド・ギャンブル、アメリカンファミリー、ヒルトン・ホテルズ&リゾート、T-モバイルなどです。
APTは東京、ワシントンDC(本社)・サンフランシスコ・ベントンビル・シカゴ・ロンドン・台北・シドニーにオフィスを展開しています。
詳しくは http://aptjapan.co.jp をご覧ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る