プレスリリース

住信SBIネット銀行株式会社

株式会社マネーフォワードとの業務提携について

(@Press) 2015年08月25日(火)16時30分配信 @Press

住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山法昭、以下「住信SBIネット銀行」という)は、個人向けの自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』および中小企業向けクラウドサービス『MFクラウド』シリーズを運営する株式会社マネーフォワード(所在地:東京都港区、代表取締役社長CEO辻庸介、以下:「マネーフォワード」)と、FinTech事業領域の新技術・新サービスの開発を共同して推進していくことを目的として業務提携契約を締結いたしましたのでお知らせします。
住信SBIネット銀行は、更なる金融サービス充実に向けて、マネーフォワードと共同してFinTech事業領域の新サービス開発を推進してまいります。


【マネーフォワードとの提携内容】
1.住信SBIネット銀行向け自動家計簿サービスの提供を受けること(『マネーフォワード for 住信SBIネット銀行』(仮称))
マネーフォワードが提供する自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」をベースに住信SBIネット銀行のお客さま向けに便利な機能・情報を拡充したアプリケーション『マネーフォワード for 住信SBIネット銀行』(仮称)を平成27年11月頃目途に同社が開発、提供を受ける予定です。
マネーフォワードと国内金融機関初となる取組みにより、住信SBIネット銀行のお客さまの更なる利便性向上を目指します。


2.マネーフォワードが展開する中小企業、個人事業主向けクラウドサービス「MFクラウド」を活用した金融サービスの共同検討
マネーフォワードが展開する『MFクラウド』ユーザー向けに、法人開業支援サービスや融資、ビジネスカードなど、個人事業主や中小法人に必要な金融サービスを住信SBIネット銀行が提供することで、経営者や財務経理担当者にとって、より利便性の高いサービスの実現を目指します。


3.住信SBIネット銀行提供の接続APIを用いた『マネーフォワード』及び『マネーフォワード for 住信SBIネット銀行』(仮称)との公式連携の検討
住信SBIネット銀行が提供する接続APIを用いて『マネーフォワード』及び『マネーフォワード for 住信SBIネット銀行』(仮称)と公式連携することで、ユーザーにとってより利便性が高く、更に強固なセキュリティレベルを実現するサービスを目指します。

4.「FinTech事業企画部」の新設
マネーフォワードとの提携内容の着実な進捗と、更なるFinTech事業領域における新サービス開発の推進を図るため、「FinTech事業企画部」を新設します。

住信SBIネット銀行は、お客さまに常にご利用いただける「あなたのレギュラーバンク」を目指して、更なる利便性の向上と社会の発展に寄与する新しい価値の創造につとめてまいります。


以上

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る