• トップ
  • リリース
  • 本とのふれあいによるコミュニティづくりで、西宮を愛する人達をさらに増やしたい!! 〜西宮初のまちライブラリーを西宮北口と甲子園の二か所で立ち上げます〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

阪急阪神ホールディングス株式会社

本とのふれあいによるコミュニティづくりで、西宮を愛する人達をさらに増やしたい!! 〜西宮初のまちライブラリーを西宮北口と甲子園の二か所で立ち上げます〜

(@Press) 2015年08月03日(月)15時45分配信 @Press

「沿線コミュニティベース スタジモにしのみや」(阪急西宮ガーデンズ5F TOHOシネマズ西宮OS横)と「西宮市情報発信スペース・クリエートにしのみや」(ららぽーと甲子園2F)とは、今般「まちライブラリー」と連携し、本とのふれあいによるコミュニティづくりに取り組み、西宮を愛する人たちを増やしていくムーブメントを、協働して起こしていきます。西宮市内での「まちライブラリー」への参加は、両施設が初めてです。

「まちライブラリー」とは、
場所を作って → 呼びかけて本を持ち寄り → 持ち寄った本には寄贈者のメッセージを記入し → 次々と読んだ人がメッセージを重ねていき → 本をきっかけにお話しが出来たり、寄り合いが開かれたり → 持ち寄った本で小さな本棚(まちライブラリー)がその街に増えていき → その本がきっかけで小さなコミュニティができる。
というものです。現在全国各地にある「まちライブラリー」は、実はいろんな形態で、それぞれが展開されており、規模の大小も様々です。

「西宮市情報発信スペース・クリエートにしのみや」では、西宮流(にしのみやスタイル)の蔵書の中で「西宮に関連する本」を「西宮流まちライブラリー」として、本棚に置き、自由に閲覧していただける準備が整いましたのでご報告させていただきます。

また「沿線コミュニティベース スタジモにしのみや」では、西宮での子育て、起業、まちの活性化など様々なテーマによる読書会をメインにした「スタジモにしのみや まちライブラリー」の取組を準備中で、順次開始します。

今後、両施設では、西宮市内のカフェやギャラリーなどの施設による「まちライブラリー」への参加を支援しながら、西宮市内での本とのふれあいによるコミュニティづくりの場のネットワークを形成し、西宮での暮らしをますます愛する人たちが増えていくことを目指します。


○沿線コミュニティベース スタジモにしのみや とは
阪急阪神ホールディングス株式会社が、沿線価値創造のための取組の一環として、阪急西宮ガーデンズの阪急西宮ギャラリーの一部を、地域で活動されている様々なコミュニティのみなさんのための人と情報が集まる場としてリニューアルしたもので、地域の魅力を共に高めていく交流と創造を促進しています。
・開業日:2015年4月11日(土)
・場所:阪急西宮ガーデンズ5階 阪急西宮ギャラリー内
・面積:151平方メートル
・主な取組:地域コミュニティの皆様向けの貸スペース「Stajimoルーム」
      地域の生活関連サービスの紹介・取次「まち・くらしコンシェルジュ」
      阪急電鉄の歴史・文化の発信「阪急西宮ギャラリー」(既設)
・WEBサイト: http://stajimo.jp
・フェイスブックページ:https://www.facebook.com/stajimo.nishinomiya

○西宮市情報発信スペース・クリエートにしのみや とは
ららぽーと甲子園の中にある西宮市の情報発信スペースです。
2014年4月からは、地域情報サイト西宮流(にしのみやスタイル)の編集室が常駐して、ここでの情報発信に関する企画運営をしています。
地域情報サイト西宮流(にしのみやスタイル)のWEBサイトやFBページ、ツイッターなどを駆使し様々な情報を発信しています。
また、オープンスペースではたくさんのチラシやリーフレットを置くだけでなく、壁面展示を利用した絵や写真でも西宮をご紹介したり、不定期ですがワークショップを開催したりしながらコミュニティも育てています。
・WEBサイト: http://nishinomiya-style.jp/
・フェイスブックページ:https://www.facebook.com/NishinomiyaStyle
・ツイッター:https://twitter.com/nishinomiya

○まちライブラリー とは
まちライブラリーとは、まちのカフェやギャラリー、オフィスや住宅、お寺や病院などの一角に共通の本棚を置き、そこにメッセージ付の「本」を持ち寄り、交換しながら「人」の縁をつむいでいく活動です。
2011年春からスタートし、現在、全国で200カ所近く(東京、大阪、埼玉、名古屋、兵庫、奈良など)で展開しています。
この活動の提唱者礒井純充氏は、かつて森ビルの教育・文化活動(アーク都市塾、アカデミーヒルズ)に携わり、六本木アカデミーヒルズで日本初の有料会員制ライブラリーを立ち上げましたが、より身近で、顔の見える関係を大切にした個人の力でできる「まちライブラリー」活動を呼びかけています。
*まちライブラリーの呼称は、礒井純充氏から付託を受けて一般社団法人まちライブラリーが管理しております。(まちライブラリー ホームページより)
・WEBサイト:http://machi-library.org/
・フェイスブックページ:https://www.facebook.com/machilibrary
・ツイッター:https://mobile.twitter.com/machilibrary


この件についてのお問い合わせは
沿線コミュニティベース スタジモにしのみや  0798-78-2753(担当者:石原)
西宮市情報発信スペース・クリエートにしのみや 0798-41-7676(担当者:岡本)

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る