• トップ
  • リリース
  • 名古屋商科大学と愛知県信用金庫協会が事業承継支援に関する連携協定を締結 全国初、大学と信用金庫が「事業承継人材育成」を共同実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

名古屋商科大学と愛知県信用金庫協会が事業承継支援に関する連携協定を締結 全国初、大学と信用金庫が「事業承継人材育成」を共同実施

(@Press) 2015年07月10日(金)18時00分配信 @Press

 名古屋商科大学(運営:学校法人栗本学園)と愛知県信用金庫協会会員15金庫は、2015年7月10日に事業承継支援に関する連携協定を締結し、「名古屋商科大学事業承継研究所」を設立しました。

名古屋商科大学事業承継人材育成
URL: http://www.nucba.ac.jp/jigyo/

名古屋商科大学大学院事業承継人材育成
URL: http://mba.nucba.ac.jp/jigyo/

締結式 1:
https://www.atpress.ne.jp/releases/66787/img_66787_1.jpg

締結式 2:
左から 愛知県信用金庫協会 鹿島会長、学校法人栗本学園 栗本理事長
https://www.atpress.ne.jp/releases/66787/img_66787_2.jpg


 日本企業の9割以上を占める中小・小規模事業者は、地方における雇用創出や産業活動において重要な役割を担っています。しかし、愛知県の中小・小規模事業者の休廃業・解散件数は、4年連続で1,300件を超えています。休廃業する事業者のうちの約7割が後継者不在を起因としており、この状況は全国平均を上回っています。

 こうした状況を踏まえ、産学連携による中小・小規模事業者の活性化に資するため、名古屋商科大学と愛知県信用金庫協会は連携協定を締結し、「名古屋商科大学事業承継研究所」を設立しました。名古屋商科大学事業承継研究所は、名古屋商科大学教員ならびに各信用金庫職員が研究員となり、親族内承継を目的とした「事業承継人材育成入試」を共同で実施します。

 親族内事業承継を支援することで、中小・小規模事業者の事業基盤を強化し、技術・暖簾(のれん)を後世に伝えるとともに、企業の長期的成長と地元における雇用提供、そして地域の若者が新しい着眼点で伝統ある産業の活性化に取り組むことを目指します。また、ビジネススクールで培ったノウハウを活用し、事業承継問題および地域課題解決に関する産学連携によるカリキュラム開発や研究、各信用金庫の顧客企業や地元企業における新商品・新サービス開発支援ならびに企業診断等を通じた地元企業の継続的な発展、維持に貢献します。


■愛知県信用金庫協会会員15金庫
愛知信用金庫、豊橋信用金庫、岡崎信用金庫、いちい信用金庫、瀬戸信用金庫、半田信用金庫、知多信用金庫、豊川信用金庫、豊田信用金庫、碧海信用金庫、西尾信用金庫、蒲郡信用金庫、尾西信用金庫、中日信用金庫、東春信用金庫


■名古屋商科大学について
 1953年の開学以来、一貫して実践的なビジネス教育を展開。国内初となる複数の国際認証の取得に成功し、現在は4学部8学科2研究科で質の高いビジネス教育を追究しています。世界46カ国99校の提携校を持ち、交換留学や国際ボランティアを積極的に実施。ビジネススクールでは、ハーバード・ビジネススクールをはじめとする世界のトップビジネススクールへの短期留学支援を行う国内唯一のMBAプログラムを保有しています。また、ビジネス教育に関する世界的なランキング「Eduniversal Best Masters Ranking worldwide 2014-2015」では、前年度に引き続き、全ての大学院プログラムが国内第1位を獲得しています。

名古屋商科大学 URL: http://www.nucba.ac.jp/

名古屋商科大学大学院 URL: http://mba.nucba.ac.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る