• トップ
  • リリース
  • バンダイお客様相談センター、インタラクティブ・インテリジェンスのクラウド版コンタクトセンターシステムを導入

プレスリリース

インタラクティブ・インテリジェンス・インク

バンダイお客様相談センター、インタラクティブ・インテリジェンスのクラウド版コンタクトセンターシステムを導入

(@Press) 2015年07月08日(水)14時00分配信 @Press

インタラクティブ・インテリジェンス・インク(日本支社:東京都新宿区、日本支社長:ポール・伊藤・リッチー、以下インタラクティブ・インテリジェンス)は、株式会社バンダイ(本社:東京都台東区、以下バンダイ)のお客様相談センターが、インタラクティブ・インテリジェンスのクラウド版コンタクトセンターシステム「Interactive Intelligence Communications as a Service(SM)」(以下、「Interactive Intelligence CaaS(SM)」)を採用したことを発表します。

バンダイは様々なシステムを比較、検討する中で、Interactive Intelligence CaaS(SM)はオペレーターにとって洗練された操作画面を提供するだけでなく、管理者が簡単にアナウンスやコールフローを変更できるなど運用する側にとっても利便性が高いと評価しました。

バンダイお客様相談センターではセンター運営の更なるレベルアップを目指しています。全体の見える化を実現しつつ、オペレーター個人の品質の見える化を推進するために、今回オプション導入したQM(クオリティマネジメント)機能も活用して品質・効率のバランスのとれたセンターを目指したいと考えています。Interactive Intelligence CaaS(SM)導入の主な効果としては、応答率をはじめとする各種の数値が取得出来るようになり、品質を保ちながら効率的なセンター運営が可能となったこと、直営とそれ以外のセンターとの品質の比較が可能になり、互いに切磋琢磨できる環境が整備されたこと、さらには月額利用制のため、システムにかかわるランニングコストの見える化も実現されたことの三点が挙げられます。

また、今後導入予定のCRMクラウドサービスとの連携も充実させる方向でインタラクティブ・インテリジェンス社と継続的に改善に取り組んでいます。

将来はInteractive Intelligence CaaS(SM)の特性である「マルチチャネル・シングルプラットフォーム」を活かし、メールやチャットなどさらに増加が予想されるマルチメディアからのお問い合わせに対する一貫したサポートを行う事で、「迅速」、「正確」、「誠心誠意」を掲げるお客様相談センターの応対品質と顧客満足度の更なる向上を目指していきたいと考えています。


●Interactive Intelligence Communications as a Service(SM)について
コンタクトセンター、ユニファイドコミュニケーションのアプリケーションを搭載し、豊富な機能と高いROIを実現するオール・イン・ワンのクラウドソリューションです。企業は「ローカルコントロール」「リモートコントロール」の2つのモデルから自社に合った最適なモデルを選択することにより、通信システムへの投資や運用にかかっていた経費も抑制しやすく、効率的な運営が可能になります。また、必要な機能ならびにエージェント、スーパーバイザーおよびビジネスユーザーのサービス利用量に対してのみ課金されるため、企業は毎月のコストが予測でき、設備投資を最小限に抑えることも可能になります。そして、Interactive Intelligence CaaS(SM)はインタラクティブ・インテリジェンスのCICをベースに提供されており、クラウドからオンプレミス(自社設置)への移行も可能です。

●インタラクティブ・インテリジェンスについて
インタラクティブ・インテリジェンス・インク(NASDAQ:ININ)は、コミュニケーション、コラボレーション、そして顧客エンゲージメントのためのソフトウェア/サービスをグローバルに提供する企業です。業界で最も歴史のある当社は設立21年を誇り、22の特許と6000以上の顧客への導入実績を有し、その上で投資に対する利益を迅速に提供し、堅牢な信頼性とセキュリティを備えています。新興企業による実績のないソリューションやレガシーベンダーの提供する柔軟性の低いソリューションに変わるサービスを、大規模組織に対しても提供しています。当社はSoftware Magazineの「トップ500グローバルソフトウェア/サービスサプライヤー」に14年連続で選出されています。また、Frost & Sullivan の最優秀企業賞に5年連続、Mashableの「2014年 働きがいのある企業ランキング」の7社にも選出されています。インディアナポリスに本社を置き、グローバルでの従業員数は2,000名以上です。詳しくは、http://www.inin.com/jp/pages/default.aspxをご覧ください。


本リリースには数多くのリスクや不確実性に関する将来に関する記述が含まれています。実質的な差異につながる実結果を生み出す要因については、SEC報告書に記載されている通りです。

インタラクティブ・インテリジェンスはINTERACTIVE INTELLIGENCEの商標とロゴ、その他数多くの商標を所有しています。この文書における、それら以外の登録商標は各々の所有者に属します。


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る