• トップ
  • リリース
  • 京セラクリスタルデバイス、特定輸出者(AEO)の認証取得について

プレスリリース

  • 記事画像1

京セラクリスタルデバイス、特定輸出者(AEO)の認証取得について

(@Press) 2015年07月06日(月)11時00分配信 @Press

京セラクリスタルデバイス株式会社(社長:木里 重亮、本社:山形、以下京セラクリスタルデバイス)は、このたび、5月12日付けで東京税関より特定輸出者として認定され、このたび、承認証が交付されましたのでお知らせいたします。
特定輸出者とは、保税地域等に貨物を搬入することなく輸出申告が可能な事業者のことで、京セラクリスタルデバイスが、企業として不正がないことはもちろん、セキュリティ管理など、輸出業務に対するコンプライアンス体制の整備が評価され、今回の承認に繋がりました。
特定輸出申告制度とは、国がセキュリティ対策の強化と、国際物流の高度化に対応した物流業務の迅速化の両立を目的として設けたAEO(Authorized Economic Operator)制度の1つで、コンプライアンス(法令遵守)に優れた輸出者を「特定輸出者」として承認するものです。
今後、京セラクリスタルデバイスでは、本制度のメリットを最大限に活かし、国際的な競争力を高めると同時に、東京税関とのパートナーシップを活用し、法令遵守の体制の向上に向けて取組んで参ります。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る