• トップ
  • リリース
  • 「ヒト型アシルセラミド」を世界最小(*1)20nmサイズで安定分散することに成功 角層への浸透性を従来比約6倍に向上させた「ヒト型ナノアシルセラミド」を開発

プレスリリース

富士フイルム株式会社

「ヒト型アシルセラミド」を世界最小(*1)20nmサイズで安定分散することに成功 角層への浸透性を従来比約6倍に向上させた「ヒト型ナノアシルセラミド」を開発

(@Press) 2015年07月01日(水)14時45分配信 @Press

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、肌のバリア機能(*2)を担う角層細胞間脂質の長周期ラメラ構造(Long Periodicity Phase。以下、LPP。後述「長周期ラメラ構造(LPP)とは」参照)の形成に必須とされる成分「ヒト型アシルセラミド」を世界最小20nmサイズで安定分散した「ヒト型ナノアシルセラミド」を開発しました。この「ヒト 型ナノアシルセラミド」は、「ヒト型アシルセラミド」分散液に比べて、約6倍の角層浸透性を示すことを確認しました。さらに、「ヒト型ナノアシルセラミド」が、角層細胞間脂質のLPPを修復することも確認しました。当社は今後、この成分をスキンケア化粧品の開発に応用していきます。

◆「ヒト型アシルセラミド」を世界最小20nmサイズで安定分散することに成功 の詳細は、富士フイルムのWebサイトをご覧下さい。
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0991.html?link=atp2

なお、当社は、2015年9月8日から学校法人名城大学にて開催される「日本油化学会 第54回年会」で本研究成果を発表いたします。
*1 平成27年6月末時点、当社調べ。
*2 角層への外界からの異物の侵入を阻止し、体内から体外への水分透過蒸散を抑制する効果。

《関連リンク》
富士フイルムの事業領域:ヘルスケア
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/aboutus/solution/healthcare/index.html?link=atp2
研究開発・技術
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/rd/index.html?link=atp2
FUJIFILM ビューティー&ヘルスケアOnline
  ⇒ http://shop-healthcare.fujifilm.jp/index.html?link=atp2
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp2
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp2
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る